• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 人気グラドル清水みさと「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格取得

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気グラドル清水みさと「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格取得


「サウナ・スパ健康アドバイザー」となった清水みさと

 サウナ好きグラドルの清水みさと(23=T160・B88・W58・H86)が13日、公益社団法人日本サウナ・スパ協会の認定資格「サウナ・スパ健康アドバイザー」に合格したことが分かった。

 

【関連】「コップのフチ子」もサウナで生まれた!タナカカツキ氏と清水みさとが「サ道」のススメ


 清水といえば、リリースしたDVDが7作連続でAmazonのランキング1位となっている人気グラドル。以前の取材では、サウナに毎日1回は行く大のサウナ好きであることも明かしている。


 資格取得のきっかけは1月28日発売の本紙に掲載された漫画家タナカカツキ氏とのサウナ好き対談だ。


 タナカ氏といえば巨人の終身名誉監督を務める長嶋茂雄氏(79)とともに日本で2人しかいない日本サウナ・スパ協会が認定する「サウナ大使」で、サウナ漫画「サ道」の作者でもある。清水は対談でそんなタナカ氏にも負けないサウナ愛を発揮。タナカ氏から「サウナ・スパ健康アドバイザー」の資格の存在を教えられると、すぐさま取得のために動いた。


「サウナ・スパ健康アドバイザー」は公益社団法人日本サウナ・スパ協会が2014年に設立した認定資格。サウナや風呂の正しい入り方、どうすれば健康促進につながるかなどの知識をもった人間が取得できる。


 今月13日に試験結果が届き、みごと資格をゲット。清水は「サウナに毎日行くことが、私にとって生活の一部です。今回正しい知識や体について学べたうえ資格取得でき、本当にうれしいです」と喜びを爆発させた。


 ここ最近はサウナ人気が高まっているが、日本では男性のものという意識が強く、女性の利用客は相変わらず少ないまま。今回の資格獲得で、今後は女性のサウナ好き代表として、同性へサウナの良さを伝えたいと意気込む。


「サウナの魅力をたくさんの方に、そしてやっぱりサウナー(サウナ好きのこと)は男性の方が多く、人気もあるので男性専用の場所も多かったりします。なので女性にも魅力を伝えられたらなと思います。スパのサウナももちろんですが、最近少なくなってきている銭湯のサウナもすごく良いので、その点も伝えたいです!」


 3月18日発売の最新DVD「みさとへ」でも大胆露出を見せている清水だが、大好きなサウナの普及のためにも“ひと肌”脱ぐ覚悟だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。