• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 加藤晴彦 CM撮影現場を凍りつかせた掟破りの“NG”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤晴彦 CM撮影現場を凍りつかせた掟破りの“NG”


加藤晴彦

 タレントの加藤晴彦(40)が、メーンキャラクターを務めるスポーツ用品チェーン・アルペンのCM撮影現場で、おきて破りのNGを出してスタッフたちを困惑させたという。

 アルペンのCMといえば、ウインターソングの女王・広瀬香美(年齢非公表)の代表曲「ロマンスの神様」や「ゲレンデがとけるほど恋したい」が使われ認知度は高い。1996年以降、加藤は同CMに20年間も起用され続けたが、今年はこれまでの“ゲレンデの王子様”といった役から、年齢を考慮して息子を持つ父親役に変化した。

 初出演時から役を変えなければならないほど、同じ企業のCMに出続けるのは並大抵のことではないが、事情を知る業界関係者がこんな苦労話を明かす。

「加藤さんは自己主張が強い人で、毎年、その意見を取り入れるのに苦労するんですが、今年はCMで着るウエア問題が発生した。アルペンは『イグニオ』というプライベートブランドを展開しており、当然、加藤さんにも撮影でこのブランドのウエアを着るようお願いしたんですが、まさかのNG。CMでは子役が『イグニオ』ブランドのウエアを着るなか、加藤さんだけ別のブランドのウエアを着て撮影する事態になったんです」

 加藤の着たウエアは当然、同じ社のブランドだったが、イチ押しブランドにNGを出しては、現場の関係者たちが凍りついたのは想像に難くない。いくら20年来の付き合いとはいえ、あまりにもヤンチャすぎる気がするのだが…。

「そのヤンチャさが20年もCMが続いている理由ですよ。加藤さんは昔から物おじせずに思ったことを言うタイプ。それが災いすることもあるけど、アルペンの幹部にはハマった。おかげで同社がスポンサーする番組にもメーンで起用されているんです」(前出)

 アクの強い性格は敬遠される世の中だが、加藤の場合は一芸にまで昇華してしまったようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。