• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 清原容疑者「ドラッグ否定の診断書」作成者はASKAの元主治医だった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原容疑者「ドラッグ否定の診断書」作成者はASKAの元主治医だった
2016年02月10日 05時00分

有罪判決を受けたASKA

 覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)の“薬物疑惑否定”の診断書を作成した医師は、2014年9月に覚醒剤取締法違反罪などで有罪判決を受けた歌手のASKA(57)の元主治医だった。

 2014年3月に「週刊文春」が「緊急入院 薬物でボロボロ」というタイトルで清原容疑者の“薬物疑惑”を報じた。この記事に対して清原容疑者は写真週刊誌「フライデー」で反論。

 清原容疑者は「俺は絶対やってない」と断言。「糖尿病が悪化して、血糖値が900以上に上がったために入院、その後、退院して、1日3回血糖値を測って、1日に1回、インスリンを注射している」と言って、診断書を出した。

 このドラッグ否定の診断書を作成したのが“芸能人御用達クリニック”と呼ばれた都内の医院の医師だった。

 一方、2年前の5月に覚醒剤と合成麻薬MDMA所持と使用で逮捕されたASKAは、警察の取り調べに対して「吸ったのは覚醒剤ではなく、アンナカ」と供述。覚醒剤について否定し続けた。アンナカとは強心剤、鎮痛剤の通称で、医師の処方箋があって薬事法内で使用すれば合法だが、量を超えれば違法になる。

 ASKA逮捕後、その医師がフジテレビ系の情報番組「ノンストップ!」に出演。「ASKAに薬事法内でアンナカを処方した」と証言した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫休業からテレビ復帰までの一部始終
ゲス川谷との不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー…今後はどうなる?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

アトランタ五輪サッカー男子で王国ブラジルを破る“マイアミの奇跡”を演出した前園真聖氏が知られざる秘話を大公開——。(全21回)

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。