• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > モー娘・鈴木香音が今春卒業「福祉にかかわる仕事をしたい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モー娘・鈴木香音が今春卒業「福祉にかかわる仕事をしたい」
2016年02月07日 13時45分

卒業を発表した鈴木香音

 ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’16」の鈴木香音(17)が7日、今春にグループを卒業することを発表した。

 鈴木は2011年にモー娘に加入。愛嬌のあるキャラクターで“ズッキ”として親しまれた。2014年の米・ニューヨーク公演では、ファンからグループで1、2を争う大声援を受け、海外での“ズッキ人気”の高さを見せつけた。

 昨年はダイエットに挑戦し、見事成功。直後のシングルではセンターポジションをゲットした。その後のリバウンドも話題となるなど、グループを盛り上げた。

 所属事務所を通じてコメントも発表された。以下全文。

「私、鈴木香音は今年のモーニング娘。’16の春ツアーをもって、モーニング娘。’16そしてハロー!プロジェクトを卒業します。

 加入してから5年がたちましたが、昨年から現在の自分のこと、そして自分の将来について考えることが多くありました。この5年間、モーニング娘。でいる時間の中で多くの方々と出会い、いろいろなことを経験し、生きていく上で大切なことをたくさん学ぶことができました。小さい頃から憧れていたモーニング娘。のメンバーになって、歌やパフォーマンスを届けることでたくさんの人を笑顔にしたい、そう思って活動してきました。どこまでその想いが皆さんに届いたのか分かりませんが、自分なりに精いっぱい頑張りました。

 昨年から将来について真剣に向き合うようになり、幼い頃から『人の役に立ちたい』と思っていたこともあり、自分はこの先何ができるんだろう?と考えました。モーニング娘。での活動はどれも楽しく有意義でしたが、中でも『SATOYAMA movement』『SATOUMI movement』のイベントを通じて触れ合う人たちの笑顔はとても素敵で、自分もこういう仕事ができたらいいな、と徐々に思うようになりました。

 そして、その第一歩として『福祉にかかわる仕事をしたい』という夢に向かうことを決めました。そのためには、人間としてもっと様々な経験や勉強をしていかなければならないと思っています。『モーニング娘。の鈴木香音』ではなく『鈴木香音』として、これからを生きていくために、自分自身の新しい夢を叶えるために、卒業という道を選びました。

 モーニング娘。として活動してきたことを糧として、今まで以上にモーニング娘。としての時間を大切に、そして応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、活動していきたいと思います。

 モーニング娘。’16、そして鈴木香音のことをよろしくお願いします。」(原文ママ)

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

「リオデジャネイロ五輪」特集
舞台裏などここでしか読めない情報をお届けします!

9月19日「東スポカップポーカー大会」開催
開催要項、特典、代表選考会開催店舗を記事&動画で紹介!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

本紙で2010年2月に連載した「魔法のムチ『武邦彦の真実』」をお届けします。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。