• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > AKB48チーム8 躍進の陰に掟破りの「撮影OKスタイル」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48チーム8 躍進の陰に掟破りの「撮影OKスタイル」


AKB48チーム8のうちの6人

 47都道府県の選抜メンバーからなるAKB48チーム8が28日、東京・MEGA WEBで行われたトヨタの新たなカーナビゲーション・システム「AKB48 Team 8 オリジナルナビ」の発表会に出席した。

 チーム8の全メンバー47人による音声案内が収められたカーナビで、発表会には佐藤七海(16)、行天優莉奈(16)、太田奈緒(21)、佐藤栞(17)、舞木香純(18)、吉川七瀬(17)の6人が登場し「制服の羽根」「47の素敵な街へ」をパフォーマンスを披露した。

 岩手県代表の佐藤七は「カーナビで『じぇじぇじぇ、岩手に着いたべ』って言いました」と笑顔を見せた。

 4月3日に結成2周年を迎えるチーム8。4月2、3日に沖縄で開催される結成2周年コンサートについて、佐藤七は「2周年はあっという間。時間をムダにしないようにどんどん成長していきたい」と意気込んだ。

 そんなチーム8は、ファン投票で選ばれた楽曲をランキング形式で披露するライブ「AKB48単独リクエストアワー」「AKB48グループリクエストアワー」で、チーム8オリジナル曲「47の素敵な街へ」が単独で2位、グループで3位を獲得。大先輩の他グループの曲を制して、ともにトップ3の快挙を成し遂げたが、これにはワケがあるという。

「チーム8は“会いに行く”をコンセプトに活動しており、ほぼ毎週末、都道府県のどこかでイベントやライブを行っている。14年にスタートした全国ツアーでライブ撮影を許可する48グループ初の試みをしたり、イベントでもファンによる写真、ビデオ撮影を許可している場合が多い。ファンはまるで記者のように写真付きでリポートしたり、ユーチューブに動画をアップ。ファン層の拡大につながっている」(関係者)

 この日のイベントでもプレス向けフォトセッション終了後、ファン向けの撮影時間を設けたが「チーム8独自の取り組み」(前同)だという。既成概念を取っ払った“撮影OKスタイル”は成功しているようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。