• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > “公式ライバル”の肩書外れる?乃木坂がAKBと合体の裏側

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“公式ライバル”の肩書外れる?乃木坂がAKBと合体の裏側
2016年01月29日 10時00分

乃木坂46の(左)から衛藤美彩、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理

 人気グループ「乃木坂46」の白石麻衣(23)、衛藤美彩(23)、西野七瀬(21)、松村沙友理(23)が27日に都内で行われた足のサイズを簡単に採寸できるアプリ「sizebook×乃木坂46」の記者発表会に出席した。

 白石は「はかなくなった靴やサイズを間違えて買った靴を『好きなだけ持って行って』と(メンバーの)永島聖羅ちゃんにあげている。彼女はもらえそうな物は何でもちょうだいというタイプなんで」と、メンバー間で靴をリサイクルしていることを明かした。

 そんな乃木坂といえば、3月9日に発売されるAKB48の10周年記念シングル「君はメロディー」に参加するのではと注目を集めている。

「全5種類の一つ『Type E』に『乃木坂AKB』名義の楽曲が収録されることが発表された。ユニット名からAKB48と乃木坂46がコラボするのかとみられているが、乃木坂はもともと“AKB48の公式ライバル”という肩書からスタートしたグループ。それだけに、ライバル同士のコラボに否定的な声も出ている」(AKB関係者)

 乃木坂はAKBと同じく総合プロデューサーは秋元康氏(57)が務めるが、「46」という数字には「AKB48に人数が劣っていても負けない」という意味が込められている。ライバルとして異なるコンセプトで活動してきただけに、複雑な心境を抱いてしまうファンがいるのも無理もない。ただ、今回の楽曲は新たな関係の一歩となりそうだ。

「乃木坂は2012年に『まゆ坂46』として渡辺麻友と、14年にも『こじ坂46』として小嶋陽菜と楽曲コラボしたが、今回のコラボは乃木坂がライブ動員数、シングル売り上げなどでAKBと対等に戦える存在に成長したことの証明でもある。『乃木坂AKB』をきっかけに正式に“AKBの公式ライバル”という肩書を外すことも検討されているとか」(前同)

 昨年8月には「欅坂46」という関連グループも誕生したばかり。従来の肩書がなくなることで、新たなライバル関係も期待できそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【高松宮記念杯競輪】優勝の新田祐大をミス日本グランプリ松野未佳さんが祝福
新田祐大が圧巻の走りで3回目のGI制覇を果たした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は蒲郡SG「グランドチャンピオン 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。