• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 少年サンデー連載「ムシブギョー」 新キャラ「ゲームキャラに酷似」指摘でデザイン変更

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少年サンデー連載「ムシブギョー」 新キャラ「ゲームキャラに酷似」指摘でデザイン変更
2016年01月26日 15時43分

キャラクターデザイン変更を発表した「ムシブギョー」(画像はコミックス1巻)

 週刊漫画誌・少年サンデーは26日、公式ツイッターアカウントで、同誌で連載中の漫画「常住戦陣!!ムシブギョー」の新キャラクターのデザインを変更すると発表した。

 

「ムシブギョー」には、1月6日発売の少年サンデー6・7号に掲載された第235陣(=回)から新キャラクター「陰陽絡繰人形『壱与』」が登場した。しかし、このキャラが中国発のスマートフォンゲーム「少女前線」(日本でも今夏リリース予定)に登場するキャラクター「モーゼルKar98K」にデザインが酷似しているとして、同ゲームの関係者が12日にツイッターを通し「先日『ムシブギョー』最新話に新登場の『壱与』というキャラクターのデザインがあまりにも弊社の『モーゼルKar98K』に酷似しています」と少年サンデーおよび作者の福田宏氏に直接抗議していた。

 

 少年サンデーは「先日『ムシブギョー』の新キャラが、福田宏先生がタイトルすら聞いたことがない海外ゲームのキャラに似ているとの指摘を受けました」と福田氏が同ゲームの存在を知らず、いわゆる“パクリ”ではないと示唆したものの「長年応援して下さっているファンの皆様に無用の誤解を与えてしまうのは作者、編集部共に本意ではないので第9号よりキャラデザインを変更させて頂きます」と今週発売の9号から「壱与」のデザインを変更すると発表した。

 

 連載途中のキャラクターのデザインが突然変更となるのは異例の措置といえる。

 

「ムシブギョー」は架空の江戸時代を舞台に、江戸にばっこする巨大蟲を駆除する“蟲奉行所”の活躍を描く人気作品。2013年にはテレビアニメ化もされている。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が参戦!

出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。