• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > ベッキー“不倫略奪疑惑”で引退危機

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキー“不倫略奪疑惑”で引退危機
2016年01月08日 05時45分

初スキャンダルに、神妙な表情で謝罪会見を開いたベッキー

 タレントのベッキー(31)が、芸能界引退の危機に直面してしまった。7日発売の「週刊文春」が、昨年末のNHK紅白歌合戦に初出場した「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん=27)との“不倫略奪疑惑”を報じたのだ。発売に先立ちベッキーは6日、緊急会見。川谷もコメントを発表し、揃って「友人関係」と釈明したが、同誌にはホテルでのツーショット写真や、2人のLINEのやりとりも掲載されており、「友達」で片付けるのは厳しい。“スキャンダル処女”で好感度も高かったベッキーだけに、レギュラー番組やCMに影響が出ることは確実だ。

 初スキャンダルが致命傷になってしまった。

「週刊文春」によると、ベッキーはゲス極・川谷と昨秋に急接近。人知れず逢瀬を重ね、年明けには長崎にある川谷の実家にも同行した。

 問題なのは、川谷が昨夏に下積み時代から交際していた女性と入籍していたこと。事情を知る関係者によれば「彼が結婚していることはバンドメンバーも知らなかった。当然、ベッキーも知る由もなく、ある意味、彼女も被害者的な側面はある。ただ、彼が既婚者であることを告げた後もベッキーが交際を続行したのがマズかった」と話す。

 しかもベッキーは離婚届を「卒論」と称し、川谷に妻との離婚を促すようなメッセージも送っていたというからタチが悪い。同誌には2人のプライベート写真のほか、LINEのやりとりも掲載されている。

「これほど決定的な証拠が流出するのは異例。実は昨年末、複数のメディアに匿名の情報提供があった。川谷さんの不貞行為に激怒する人物からだった」(出版関係者)

 同誌の記事内容が発売前に広がり、ベッキーは6日夜に緊急会見。川谷の実家を訪れたことなどを認め「大変軽率な行為で、多大なるご迷惑をお掛けしました」と頭を下げた。だが、2人の仲は「友人関係です」と強調。ベッキーの会見直後には、川谷も所属事務所を通じて謝罪コメントを発表した。

「ベッキーが慌てて会見を開いたのは、CMスポンサーへの配慮がある。無理筋でも『友人』と言わなければ示しがつかない。所属事務所としても彼女は一、二を争う稼ぎ頭。火消しを急ぐ必要があった」とはテレビ関係者。

 とはいえ、状況証拠的に「ただの友人」という言葉を信じる人は少ないだろう。ベッキーは現在「モニタリング」(TBS系)や「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)など10本のレギュラー番組のほか、CMでも「太田胃散」や「花王」など10本のイメージキャラクターを務める超売れっ子。好感度も高いだけに、今回のスキャンダルが与える影響は計り知れないほど大きい。

 太田胃散の担当者は本紙取材に「代理店から事前に記事が出ることは聞きました。これから対応を協議します」とコメント。花王とスタジオアリスの担当者は「今、初めて聞きました。そうなんですか?」と揃って驚きの声を上げた。

 代理店関係者は「CMキャラクターはイメージがすべて。特に彼女は明るさと清潔感で持っていたようなものだから、真逆のスキャンダルは倍返しで振りかかってくる。ネット上では盛んにネガティブキャンペーンも繰り広げられるだろう。CM降板や打ち切りを決める社が出てもおかしくない」と語る。

 スポンサー離れが相次げば、当然テレビの仕事にも影響が出る。

「彼女の場合、歌手や女優としての評価はまだ確立されておらず、主戦場はやはりテレビのバラエティー。番組スポンサーが彼女の起用を渋れば、テレビに出ることもままならない。最悪レギュラー番組ゼロも…。あの不倫騒動の矢口真里さんのように一時的に“干される”可能性もある」(前出テレビ関係者)

 今回の騒動を受け“ベッキー枠”を狙って動きだしている勢力もあるという。逃げずに会見に臨んだ対応は評価できるが、年初からタレント生命の危機に直面してしまったのは間違いない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
第98回全国高校野球選手権大会
注目校、話題の選手から神ノックの女子マネジャーまでここでしか読めない舞台裏情報満載!

【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は津プレミアムGⅠ「レディースチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。