• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【東スポ映画大賞】ノミネート作品発表 ビートたけし審査委員長が月末に最終ジャッジ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東スポ映画大賞】ノミネート作品発表 ビートたけし審査委員長が月末に最終ジャッジ
2016年01月07日 06時00分

クリックすると拡大

 全国の10映画祭ディレクターが選考した結果をもとにビートたけし審査委員長(68)が独断で選ぶ「第25回東京スポーツ映画大賞」のノミネート作品と出演者などが5日、決定した。この結果をもとに今月下旬、たけし委員長が最終ジャッジを行い「第16回ビートたけしのエンターテインメント賞」と併せて本紙紙面で発表する。授賞式は2月28日、都内ホテルで行われる。

【作品賞】昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「海街diary」(是枝裕和監督)や作家・ドリアン助川(53)の同名小説原作の「あん」(河瀬直美監督)、「龍三と七人の子分たち」(北野武監督)などがノミネート。「島根県の公共施設でリクエスト上映された『あん』は大きな反響があり、関係者を驚かせた。(主演の)樹木(希林)へのラブレターも届き、これは事件だった」(しまね映画祭)


【監督賞】6人ノミネートの中で、3監督がしのぎを削る構図に。「野火」の塚本晋也監督(56)「海街――」の是枝監督(53)、「龍三――」の北野監督(68)。塚本監督は監督と主演を務め「戦争の怖さ、リアリティーを表現した。そして、ギリギリの笑いを入れることで映画に昇華させた」(ながおか映画祭)と評価が高い。

 北野監督にも「笑いのツボを見事に押さえた演出。『北野武』と『ビートたけし』の融合を見ることができた」(周南『絆』映画祭)との声が上がった。


【主演男優賞】注目は「龍三――」で主演した藤竜也(74)だ。「筋を通さぬものは大嫌いというひょうきんでユニークな元ヤクザのじいちゃん役を、これまでの知的でクールなイメージをガラッと変えて、見事にこなしている」(うえだ城下町映画祭)と賞獲得の最有力。

「あん」の永瀬正敏(49)も「心に闇を抱えた男が、一人の老女の存在によって変わっていく姿を見事に演じている」(三重映画フェスティバル)と票が集まった。


【主演女優賞】樹木希林(72)と綾瀬はるか(30)の一騎打ちムード。

「あん」主演の樹木には「社会から疎外されながらも人生をいとおしく刻む主人公の演技に胸が熱くなった」(TAMA CINEMA FORUM)。

「海街――」の綾瀬は「この人は原節子になる器を持っている人だな、と一瞬、一瞬感じさせる不思議な魅力がある」(とよはしまちなかスロータウン映画祭)との評価だった。


【助演男優賞】いまや“名脇役”としての評価を確立したリリー・フランキー(52)に「龍三――」キャストの安田顕(42)、品川徹(80)、中尾彬(73)、近藤正臣(73)の“龍三軍団”が挑む形か。

 リリーには「『トイレのピエタ』では特徴的な役どころを、巧みにひょうひょうと演じ、完全に自分のものにしている」(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭)。

 80歳で賞レースに挑む品川には「早撃ちのマック、いとおしいほどチャーミングなガンマンである」(あきる野映画祭)。


【助演女優賞】「海街――」の長澤まさみ(28)がトップ。「恋と酒に生きる次女を演じた彼女の存在が、他の姉妹をうまく引き立てていて、この映画に深みと味わいを与えている」(うえだ城下町映画祭)


【新人賞】昨年ブレークした「海街――」の広瀬すず(17)や「ソロモンの偽証」の藤野涼子(15)ら。広瀬は「『誰も知らない』の柳楽優弥に匹敵する今この瞬間しかない輝き」(ふかや映画祭)とフレッシュさが好感。


【外国作品賞】2015年は「洋画の当たり年」といわれている。その中から「セッション」「アメリカン・スナイパー」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」などがノミネート。

◇審査に参加した全国10の映画祭=あきる野映画祭、うえだ城下町映画祭、しまね映画祭、周南「絆」映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、TAMA CINEMA FORUM、とよはしまちなかスロータウン映画祭、ながおか映画祭、ふかや映画祭、三重映画フェスティバル

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【競輪祭】平原康多が3回目の競輪祭制覇!
優勝した平原を「神スイング」でおなじみの稲村亜美が祝福した!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。