• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 原節子さん「あと5年は生きたい」 同居のおいが明かす謎の半生

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原節子さん「あと5年は生きたい」 同居のおいが明かす謎の半生


原さんがひっそりと暮らしていた家

 肺炎のため、9月5日に95歳で亡くなった“伝説の大女優”原節子(本名・会田昌江)さん。神奈川県鎌倉市の自宅近くでは、住民らがその死を悼んだ。

 もともと外出好きでなかった原さんは、足腰が弱った80歳ごろから、さらに外出の機会が減ったという。「最後に見かけたのはもう30~40年前」という住民がほとんどだ。「すれ違う時は手をかざして顔を隠すんですけども、あれだけきれいだから分かっちゃうのよ」とある住民は懐かしんだ。

 同じ敷地に住んでいた原さんのおい(75)は本紙に「本や新聞を読んだりテレビを見たり、普通の老後でした。本人は『あと5年は生きたい』と言っていました。経済に興味があって、新聞広告で読みたい新書を見つけると『買ってきて』と頼まれてました。異常気象にも気をもんでいて『もっと住みづらくなってしまう』と心配していました」と明かした。

 原さんは映画「晩春」や「東京物語」でタッグを組み、結婚の噂もあった小津安二郎監督(享年60)の死去直後、42歳で引退。以後50年以上、表舞台に出ることも、自身の口から引退理由を語ることもなかったのは、本紙昨報通り。

「もともと目立つことが好きではなく、女優もずっと続けようと思ってはいなかったようです。白内障にかかり、撮影のライトを浴びるのも苦痛だったのでしょう。自分の出演作やインタビュー記事も持っていなかったし、女優時代の話も一切しなかった。写真も少し前に、全部自分で破って捨てていた」(同)

 映画関係者との交流もほとんど絶った原さんだが、70代くらいまでは毎年1回、小津監督が眠る鎌倉・円覚寺にお参りした。生涯独身を貫いたが「縁談の話もないではなかったですが、本人があまり乗り気でなかったんじゃないかと思います」(同)という。

 原さんは8月中旬に肺炎と診断されて神奈川県内の病院に入院。親族に見守られながら息を引き取ったという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。