• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > “コカイン女優”の仰天近況&今後の展開

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“コカイン女優”の仰天近況&今後の展開
2015年11月28日 16時00分

釈放された高部あい

 コカイン所持と使用で2度逮捕されるも処分保留で釈放されたアイドル女優・高部あい(本名・中山あい)容疑者(27)の近況が漏れ伝わってきた。1か月近く勾留されていた警視庁原宿署を出て、ナゾの迎えの車で“シャバに出た”のが11月13日。「母親が住む横浜の家に今いるみたいだけど、もう遊んでるよ」と仰天暴露するのはさる関係者だ。

「警察の監視がついているわけではなく、取り調べに呼ばれたら行けばいいらしく、結構のびのびと過ごしているようだよ。こないだも渋谷区の高級鉄板焼き店にメシ食いに行ったみたい。親と、親の知り合いと来て、中では親たちとは別の人間と密会してたらしい。誰とかまでは分からないけど、女友達じゃない?」

 また聞けば、高部は東京近郊のホテルを転々としていたそうだが、報道ですっかり有名女優になり顔バレしてしまい、周囲の目をかなり気にしているようだ。

「横浜の赤レンガ倉庫近くの高級ホテルとかに泊まったりしていたんですけどね。レイトチェックアウトして他のチェックアウト客と顔を合わせないようにしたり、チェックアウトするまで友達にもどこに泊まっていたか教えなかったり…。だいたいその宿泊代は誰が出してるんだろうね(笑い)」

 本紙が得た情報だと、警視庁は現在、高部がおなかの子の父親と勘繰り、麻薬スポンサーの一人とされる若手実業家Xの逮捕に向け、詰めの捜査をしている段階。では、検察が高部を在宅起訴するタイミングはいつか?

「時期を合わせるとすればXの(1)逮捕(2)逮捕から48時間以内に決まる勾留(3)勾留から最長20日以内にある起訴(4)その後――と4パターン考えられます」と、法曹関係者が解説してくれた。

「一般論としてはXの捜査見通しが立った(3)か(4)が多いですね。コカインの入手経路についての高部さんの供述が、Xの供述、または今後発覚する他の関係者の供述と一致するよう確定させる必要があるため、そんなに急いで起訴する必要はないのではないかと思います。彼女の起訴はいつでもできますから」

 そんな中、「検察は高部を使用では起訴せず、コカイン所持の罪だけで起訴する腹積もりでは…」と捜査関係者が危惧しているという話が漏れてきた。実際そんな展開などあるのか?

「尿検査結果にもよりますが、できる限り堅いところだけを起訴するという検察の大方針と、無理して両方起訴した場合と所持だけで起訴した場合の量刑がどれだけ変わるのか、という2つの観点からのバランスです。一般的にはピンときませんが、使用では起訴されず所持のみでの起訴ということはよくあります」と法曹関係者。

 つまり「量刑があまり変わらないなら、無理して所持と使用で起訴する必要はない」と検察が判断する可能性は大アリというわけだ。

 加えて同関係者からはこんな指摘も。

「所持だけと使用したのとでは、全く印象が違います。量刑がそれほど変わらないなら、高部さんが芸能人だということに配慮し、一部だけを起訴することもあります。マスコミが高部さんのコカイン使用を報じるのと、コカインを使用したと検察が言うのとでは、世間に対するインパクトも違いますしね」

 実は本紙は、ドラッグパーティーで撮られた高部のコカイン吸引現場とされる写真も確認しているのだが、「そうした写真が仮に公になっても、いつ撮ったか分からない、その手に持ってるものが何かもハッキリ分からないなら、それによって使用についても起訴ということにはならないと思います」とのことだ。

 ちなみに本紙取材によると、最初の逮捕当日の家宅捜索で押収されたコカインは、前夜使用分の残りなどをかき集めても約0・7グラムで、1グラムにも満たず。部屋からは覚醒剤や他の薬物も出てきたが、こちらはもっと微量すぎて起訴までもっていけるか微妙なため、覚醒剤取締法違反などでの逮捕は見送られたという。

「クスリをやってるプロなら、その日使う分はその日にプッシャー(麻薬密売人)から買うなり誰かからもらうなりして、使い切るのが基本。部屋に大量のストックを置いといたりはしない。覚醒剤とか他のヤクは、部屋で使った残りカスが見つかっちゃったってことでしょ。微量しか出てこなかったってことは、裏を返せば彼女は相当クスリの扱いに慣れてて、いつでも引ける(買える)ルートがあったってことだよ」(ドラッグ事情通)

 処分保留で釈放されたのも、妊娠している高部の体調を検察が気遣ったからとみられる。聞いた話によれば、検事は高部のことを「あいちゃん」と呼んでいたといい、今後もどうやら“芸能人特権”が効きそう。まさか、犯罪の疑いは十分あるが特別な事情に配慮し起訴しない「起訴猶予」や、犯罪の疑いが薄いと判断し起訴を見送る「嫌疑不十分」といった不起訴処分で終わることはないだろうが…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。

【AKB48選抜総選挙】SKE48の注目メンバーを直撃
東スポWebが14人の熱い思いを届けます!(20日から毎日更新)

アンカツ・本紙舘林&松浪・安田美沙子らが「ダービー」テーマに大討論会!
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で編集不可能な激アツ本音トークバトル展開


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎SG「第43回オールスター 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。