• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【麻薬逮捕】高部あい奇行証言、尿検査で陽性反応

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【麻薬逮捕】高部あい奇行証言、尿検査で陽性反応
2015年10月29日 06時00分

異業種の広い人脈が際立った8月の誕生パーティー時の高部

 本紙昨報の人気アイドルグループメンバーで女優としても活動していた高部あい(本名中山あい)容疑者(27)の麻薬逮捕スクープを受けて27日、芸能界には大激震が走った。高部の容疑は微量のコカインを所持した麻薬取締法違反だが、さらに尿検査で麻薬の陽性反応が出ていることが判明し、使用を裏付けるような奇行証言も浮上している。

 高部が所属していた事務所は27日「15日付で高部との専属契約を解除いたしました。今回の事件を極めて深刻に受け止めており、このような事態が二度と起きないよう、所属タレントに対して厳しく指導をして参る所存であります」との書面を報道各社にファクスで送信した。逮捕は15日。クビになった高部の逮捕後の様子も漏れ伝わってきた。

「当初、彼女は支離滅裂で、所持品から出てきたコカインなどについては『友達が勝手に置いてった』などと否認していた。ところが、尿検査では麻薬の陽性反応がもう出ている。これで所持に関しては『友達からもらった』と認めざるを得なくなり、使用でも再逮捕されることになるだろう」(警察関係者)

 2004年の「第10回全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し芸能界入りした高部は、アイドルグループ「美少女クラブ31」(美少女クラブ21改め)に加入。05年には第1回「ミス週プレグランプリ」を受賞するなど、トップグラドルとして幸先のいいスタートを切った。

 06年には女優デビューし、09年に声優業に進出。いきなりアニメ「青い花 Sweet Blue Flowers」(フジテレビ系)で主演デビューを果たすと、12年のアニメ「キルミーベイベー」(TBS系)の呉織あぎり役で声優としても人気を獲得した。

「高部は21歳の時、あるトーク番組で『(異性と)21年間付き合ったことがない』『キスもしたことない』と“処女宣言”して話題になったことがあった。ウソをついている様子がみじんもなかったため、声優ファンの多くが処女説を信じたほどだった」(芸能関係者)

 当時は“清純派”で売っていた高部だが、ブレークまでには至らず、活動も下火になっていく。そんな状況で知人の間では、薬物に手を出すきっかけになった“ある仕事”がささやかれている。

「高部は(2013年の)BSスカパー!のアダルトバラエティー『徳井義実のチャックおろさせて~や』のアシスタントを務めた。イケない女性と絶対にイカせる電マが対決したり、地上波では絶対に放送できない内容の番組。高部は視聴者が分かるほど赤面するなど、清純派とは思えないほどのヨゴレ役。実は高部本人も乗り気の出演ではなかったようで、知人らに『私、これからどうなっちゃうの?』などと泣きながら不満を漏らしていた」(芸能プロスタッフ)

 精神安定剤のようなものを服用していると明かしたこともあったという。この番組出演をきっかけに、知人らの間では“奇行”が見られるようになっていった。

「彼女は天然キャラとして売り出されてましたが、知人の間では意外としっかり者で知られていた。そんな彼女がハイテンションで最近も『歩いててよく転ぶの』とか『階段から下りられなくて転んじゃった』とか言いだしたり…。今までなかった感情の起伏もあって『ヤバい…』と口にする知人もいた」(前同)

 ドラッグに詳しい関係者によれば「コカインはスニッフィング(鼻腔吸引)が基本だから、やりすぎると鼻がおかしくなる」という。高部は逮捕前日の14日午後7時すぎ、LINEのタイムラインで妙な書き込みをしていた。

「花粉症デビューしてしまいました 毎日ご飯の味が感じられず悲しくて、どこかパッて治せるお医者さんとか方法があったら教えてください」

 秋にも花粉症はあるが、ダルそうな女の子のイラストが今となっては意味深だ。

逮捕前夜、LINEのタイムラインに意味深書き込み

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

カワいすぎる「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」直撃
北陸地方で注目を集めている福井県立羽水高校の女子マネジャー・古市琴美の顔に迫った!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は鳴門SG「オーシャンカップ 」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。