• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「タモリ辞退」紅白司会難航の裏にジャニーズの暗闘

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タモリ辞退」紅白司会難航の裏にジャニーズの暗闘
2015年10月23日 06時00分

タモリ

 大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」の司会者選びが混迷を極めている。一部で総合司会をタモリ(70)が務めると報じられたが、立ち消えになった。例年ならもう発表されてもいい紅白司会者だが、NHKはいまだ沈黙したまま。そんな舞台裏を探ると、なんとここでもジャニーズ事務所内の“あの争い”、SMAP育ての親・Ⅰ女史VS藤島ジュリー景子副社長が関係しているという。

「今年はヒット曲が本当にない。去年のような『アナと雪の女王』『妖怪ウォッチ』といった企画コーナーにできる流行モノもない。ましてやサザンオールスターズや中森明菜のような“目玉”も見つからず、NHK局内でも『今年の視聴率はどうなるんだ…』と不安の声が充満していますね」(NHK関係者)

 そんな苦悩する制作現場で、唯一期待されているのは司会陣だ。

 一部朝刊スポーツ紙は今月上旬、総合司会にタモリを起用することが濃厚と報道し、決まれば32年ぶりの司会と注目されたが、同紙は19日にタモリが辞退したと報じた。

「NHKの『ブラタモリ』も好評ですし、実際に検討はされていましたが、早い段階で難しいことは分かっていた。スケジュールなどは把握できますからね」とは前出のNHK関係者。

 今年に限って、なぜここまで司会者選考が難航しているのか。舞台裏を探ると、本紙も何度となく報じてきたジャニーズの“あの派閥争い”があるという。

「NHKサイドとしては『あさイチ』で“朝の顔”となった『V6』の井ノ原快彦を白組、番組でパートナーを務める有働由美子アナを紅組の司会にしたい意向。今年はV6のデビュー20周年で、メンバーの岡田准一も(昨年の)大河ドラマ『軍師官兵衛』をはじめNHKへの貢献度は高いですから。しかし、そこに“待った”を掛けている勢力がいる。それがSMAPを猛プッシュしている敏腕マネジャーのI女史ですよ。NHKは板ばさみ状態で、なかなか司会を発表できないんですよ」(前同)

 SMAPといえば、昨年まで5年連続で白組司会を務めた「嵐」とともに国民的なスターだ。リーダーの中居正広(43)は過去6回(うち紅組が1回)司会を務めたが、5人全員で司会をするとなると初めてのことになる。I女史はそのために“ある策”を講じたという。

「それが今年70周年を迎えるNHKの長寿番組『のど自慢』へのSMAP総出演です。8月30日に香取が司会を務めて、メンバーも会場に駆けつけた。大きな話題を集め、平均視聴率も関東地区で前週の8・7%を大幅に上回る12・1%を叩き出した。完璧な進行ぶりに、局内から『紅白も!』と期待する声が出たのは事実。しかし、V6は嵐やTOKIOなどのマネジメントを務めるジュリー副社長の派閥です。ジュリー氏からすれば、SMAP起用にうなずくわけにはいかない」(前同)

 もっとも「いま、なぜSMAP?」という疑問はぬぐえない。その答えが、くすぶり続けるI女史の独立問題だ。今年1月に発売された「週刊文春」のインタビュー記事で、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(88)はジュリー氏が次期社長と断言した。この報道以降、I女史は独立に向けて準備を始めたと言われている。

「SMAPは来年、デビュー25周年を迎える。フジテレビ系『SMAP×SMAP』も来年で放送20周年で盛り上げたいところですが、I女史にとっては独立に向けて、紅白の司会で弾みをつけたいんですよ」(前同)

 昨年は10月10日に司会が発表されたように、例年は10月中旬には明らかになっていた紅白の司会。

 別のNHK関係者は「今後のジャニーズとの関係を考えれば、“次期社長”ジュリー氏の意向をくんだ方がいいが、SMAPとの関係も良好でいたい。このままジュリー氏とI女史が意地を張り合えば、司会の決定が11月にずれ込む可能性まである」と頭を抱える。

 NHKとすれば、出場歌手だけでなく、司会までジャニーズの派閥争いに振り回されるとは思わなかっただろう。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【競輪祭】平原康多が3回目の競輪祭制覇!
優勝した平原を「神スイング」でおなじみの稲村亜美が祝福した!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。