• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 大物芸能人「薬物逮捕」へ!極秘内偵リスト入手

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大物芸能人「薬物逮捕」へ!極秘内偵リスト入手
2015年10月01日 06時00分

 肉体派系大物タレントと有名俳優が逮捕へ!! 本紙は超ド級の極秘情報をキャッチした。違法薬物に溺れている芸能人が当局に内偵されているというのだ。しかも、捜査員たちがガッチリとマークしている“マル秘有名芸能人リスト”を独占入手。そこには、アッと驚く大物の名前ばかりが並んでいた。捜査陣が動かぬ証拠をつかんだとき、逮捕Xデーが訪れる。そうなれば世間に与える衝撃度は、ASKAクラスの超ド級!いやそれ以上になりそうだ――。

 毎年のように著名人が、覚醒剤など違法薬物の所持や使用で逮捕されている。

 2009年に酒井法子(44)や押尾学(37)が逮捕されたことがキッカケで、違法薬物の一掃に向けて動きだした芸能界だが、昨年5月、歌手のASKA(57)が覚醒剤取締法違反などの容疑で逮捕され、日本中に衝撃が走った。その後の裁判で有罪判決を受けたことは記憶に新しい。

 今年も複数の芸能人が逮捕された(別項参照)。毎年必ずといっていいほどニュースになる芸能人の違法薬物逮捕。もちろん、当局は捜査の手を緩めるつもりはなく現在もターゲットを絞って極秘に捜査・内偵を続けている。秋の風が吹き始めた今年も、ここまでの有名人逮捕者で“打ち止め”とはならなそうだ。

「まだまだ逮捕者が出る可能性は十分にある。当局は連日連夜、粘り強く捜査を続けている。もちろん、たとえビッグネームでも、そんなことは関係なくやるつもりだ」と捜査関係者。

 捜査当局は、いったい誰をマークしているのか? 本紙が入手した情報では、アッと驚くような大物の名前がズラリと並んでいた。それぞれのXデーが来たら、衝撃度はASKA逮捕時に勝るとも劣らない。

 まずは肉体派系タレントのXだ。

「つい最近もXが逮捕間近という情報が流れ、多くのマスコミが一斉に動く事態に発展した。Xに関しては噂が絶えず、当局もずっと狙っている一人だ」と前出関係者。

 実はXについてこんな情報も飛び出している。

「最近になってXと仲の良かった者が、刑務所から出てきたのです。違法薬物で実刑判決を受けていた人間で、いろいろとXについても話しているというのです。これによりXへの“包囲網”が、以前にも増して狭まっている。当のXは自分が置かれている状況をわかっておらず、毎晩のように飲み歩いているそうです。当局はX逮捕に向けてかなりの裏付けを取ったようだ」と芸能プロ関係者。

 次に名前が出ているのは、有名俳優Y。以前から、このYには薬物疑惑がささやかれていたが、あくまでも疑惑のままで、これまでに逮捕歴はない。ただ、その疑惑のせいで、主にテレビでの露出が一時よりグッと減ったことは事実だ。

「Yの交友関係を洗うと、違法薬物にかなり近い人物も出てくる。Y本人も疑惑を払拭できているとは言えず、今も内偵は続いている」と別の捜査関係者が語る。

 事実、当局はYの行動確認を続けており、証拠固めに余念がない。

 また大物俳優Zもここにきて“要注意人物”として急浮上しているという。表面化してはいないが、問題行動を起こしていたというのだ。

 事情通によると「今年に入って、街中で意識もうろうとしているところを警察に保護されたと聞いています。その時は違法薬物を使用していたのではなく、睡眠薬か精神安定剤など合法の薬物だったようで、問題なしということになったようです。ただこれをキッカケに、Zの“身辺調査”が内々で開始されることになったようです」。

 前出のX、Y、Zに限らず、最近は覚醒剤に手を出しやすい状況が続いている。

「昨年、ASKAが逮捕された後は一時的に供給量が絞られ、覚醒剤の値段は上昇した。だが、その反動なのか、今年に入って一気に流入し、ダブついている状況になってしまった。それと同時に、覚醒剤の末端価格もかなり下がった」(裏社会関係者)

 もちろん捜査当局は違法薬物の蔓延を許すつもりはさらさらない。ただ、覚醒剤など違法薬物事件での逮捕に至るには、現行犯が基本とされており、より緻密な捜査が必要とされる。タイミングが合わず“空振り”に終わってしまうケースもある。それでも当局は着々と捜査を進めている――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

「リオデジャネイロ五輪」特集
舞台裏などここでしか読めない情報をお届けします!

9月19日「東スポカップポーカー大会」開催
開催要項、特典、代表選考会開催店舗を記事&動画で紹介!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

本紙で2010年2月に連載した「魔法のムチ『武邦彦の真実』」をお届けします。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。