• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 若手にはまねできない元祖御三家・舟木一夫の“強さ”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若手にはまねできない元祖御三家・舟木一夫の“強さ”


船村徹氏の名曲をカバーするスペシャルコンサートツアーのファイナルを行った舟木一夫

 元祖“御三家”の力は健在だ。舟木一夫(70)が8日、東京・中央区の新橋演舞場で作曲家・船村徹氏(83)の名曲をカバーするスペシャルコンサートツアーのファイナルを行った。

 全国4か所14公演、総勢1万8200人を動員したツアーで、船村作品の「風雪ながれ旅」(北島三郎)、「兄弟船」(鳥羽一郎)などを熱唱。

「船村先生には『舟木君の風雪ねえ~』と言われたけど、歌い手にとっては良い作品を歌うのは楽しい。お客さんには申し訳ないけどね」と話した。

 5月には13年ぶりにオリジナルの書き下ろしの新曲「春はまた君を彩る」をリリース。ここまで新曲をリリースしなかったことに、レコード会社関係者は「熱狂的な舟木ファンというのはいまだ健在ですし、何とか出したいという思いはあったんですが、舟木さんの楽曲に対するこだわりが強かった。これまでいろいろ提示してきたが、なかなか首を縦に振ってくれなかった」という。

 ただ、強いこだわりがあるからこそ、オリコンでも演歌・歌謡曲チャートでは2位とヒット。この日も、コンサート会場のCD販売所には長蛇の列ができた。

「ファンが待ち望んでいたのも分かっていたし、今回のコンサートでもファンから『DVDはいつ出るのか?』という問い合わせが殺到している。CDやDVDの売り上げは若手の歌手にはまねできないですよ」と同関係者。CDが売れない時代でも圧倒的な強さだという。

 再来年は55周年の節目の年。舟木は「ここまできたら現状維持が一番」と多くを望んではいないが、別のレコード会社関係者は「当然、55周年ですから、いま以上の様々な仕掛けは考えるし、ちょっとした舟木フィーバーになるかもしれませんよ」。「現状維持」とは言っていられないようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。