• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「笑点司会」大本命はタモリだった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「笑点司会」大本命はタモリだった
2015年08月07日 06時00分

司会にタモリの名前も挙がっていた(2011年7月13日付本紙)

 日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時30分)司会の桂歌丸(78)の後継者選びは、想像以上に難航した。事実、これまでに多くの大物芸能人の名前が取りざたされていた。

「萩本欽一や西田敏行、そしてタモリらの名前が挙がっていた。萩本は『仮装大賞』で日テレとは太いパイプがある。西田は大の笑点ファンであるばかりか、現在の日テレ経営陣とは1980~89年に放送されたドラマ『池中玄太80キロ』を通じて旧知の間柄なんです」(関係者)

 そんななか、大本命と噂されたのがタモリだ。本紙も2011年7月に報じている。

「昨年も『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了した段階から、ある番組スタッフが猛烈アプローチを掛けています。日テレの悲願といっても過言ではない」(番組関係者)

 悲願とまで言われていたのは、タモリと日テレの遺恨の歴史がある。1981年からタモリ司会で続いていた「今夜は最高!」が89年に打ち切られ、タモリが激怒し、以後、日テレには出演しなくなったというものだ。

 だが、こうした日テレの動きを察知した現笑点メンバーが結束力を見せ「笑点」司会・タモリは消滅した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。