• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 秋元氏の狙いは20年東京五輪で「JAPAN48」結成

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋元氏の狙いは20年東京五輪で「JAPAN48」結成
2015年01月27日 11時00分

新曲でセンターを務める柏木(左)と小嶋

 25日に行われた「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」(東京ドームシティホール)最終日夜公演で、新潟市内に新グループ「NGT48」が誕生することが発表された。秋元康総合プロデューサー(56)が国内5つ目の48グループを誕生させた狙いとは? 背景には2020年に開催される東京五輪、JAPAN48結成があった――。

 AKB48、SKE48、NMB48、HKT48に続き、国内5つ目のグループとなる「NGT48」。3月にスターティングメンバーのオーディションを開催し、10月1日に新劇場がオープンする。

 AKB48グループ総監督の高橋みなみ(23)は「国内に新しい姉妹グループができることは、48グループの活性化につながる」と気を引き締めた。

 今回、秋元氏が新潟を選んだ理由について、AKB関係者は「今までAKB48、SKE48、NMB48はすべて本州の太平洋側の都市に拠点がある。『本州の日本海側に作りたい』という秋元氏の思いもあり、日本海側の最大都市である新潟市となった」と告白。昨年12月にデベロッパー(開発業者)から「AKB48文化を新潟に広めたい」というオファーもあって話がまとまったという。

 ただ、このNGT発足は単純に48グループを日本全国に広める計画の第一歩というだけではない。別のAKB関係者は隠された“真の狙い”を明かす。

「秋元氏の頭にはNGT48で打ち止めにするという考えはないでしょう。すでに水面下で札幌、沖縄、仙台などといった大都市で48プロジェクトが進行している。それらは2020年の東京五輪開催を見据えた意図もある」

 秋元氏は東京五輪組織委員会の理事に選出されている。開会式をはじめ、関連イベントの構想が秋元氏の頭の中にあるのは当然だ。

「2020年までに札幌、沖縄、仙台に誕生することになるでしょう。そして、五輪開催年に北海道から沖縄まで各グループから選抜された“JAPAN48”を結成。それら超選抜メンバーがアイドル文化を世界に発信する」と前出の関係者は声を大にする。

 秋元氏は「アイドル文化を世界に広めたい」として、JKT48(インドネシア・ジャカルタ)、SNH48(中国・上海)をスタート。他にもフィリピン・マニラにグループを作る計画も進行しているが、国内整備も同時並行ということだ。

 五輪開催に向けたJAPAN48構想に手を緩めるつもりはない――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【高松宮記念杯競輪】優勝の新田祐大をミス日本グランプリ松野未佳さんが祝福
新田祐大が圧巻の走りで3回目のGI制覇を果たした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は蒲郡SG「グランドチャンピオン 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。