• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 涙活ブームで「イケメソ男子」の時代が来る

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涙活ブームで「イケメソ男子」の時代が来る


 2015年は「男はもう泣いてもいい」という時代になるかもしれない。

「“涙活”の一つで、涙友タイムというのがあります。そこでカップルが生まれたりするんですが、よく泣く男性がモテるんです」というのは、泣くことで心のデトックスをする涙活(るいかつ)のプロデューサーで、数々のイベントを成功させてきた寺井広樹氏だ。

「参加した女性に聞くと、男性が泣いていると優しく見えたり、かわいく見えたり、セクシーに思えたりするそうです。それで浮かんだのが“イケメソ男子”という言葉だったのです」(寺井氏)

 イケメソ男子とはイケメンがメソメソ泣く、という意味の寺井氏の造語だ。ただ、やっかいなのが「ただしイケメンに限る、との言葉が続くんですが…」(寺井氏)という点。ブサイクなおじさんが泣いても、ただ笑われることは今も昔も変わりはないが、イケメンが泣けば女性は心を躍らせるというのだ。

「40~50代の女性が言うには、イケメンが泣くだけでキュンとする、イケメンの涙は癒やしになるそうです」(寺井氏)

 ブームを察知した寺井氏とリブレ出版はコラボし、2015年2月13日に「イケメソ男子」の写真集を発売する。

「自分が泣きたいというのもあるんですが、男性でも泣いてる男性を見るのも癒やしになる。ただし、イケメンに限るんですが…。涙活イベントをこれまでに71回開催しましたが、他では見られない、男性が泣く姿を見たいというニーズがはっきりとわかります」(寺井氏)

 人目をはばからず、泣いてストレスを軽減、心の安定を求める涙活。昭和に育ったお父さん世代には抵抗もあるだろうが「男性が泣くことに対して、世の中は寛容になってきている」(寺井氏)ようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。