• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「彦摩呂の食リポは虐待」 視聴者の声でダイエット成功

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彦摩呂の食リポは虐待」 視聴者の声でダイエット成功
2014年12月13日 11時00分

実はいたって健康な彦摩呂

「お口の中が宝石箱や~」のフレーズでおなじみのグルメリポーター・彦摩呂(48)に、予期せぬ厄介な問題が持ち上がっているという。

 明るいキャラクターとインパクトのあるコメントで、今やグルメ番組やバラエティー番組に引っ張りだこ。これまでにリポートした飲食店はのべ1万4000軒を突破した日本屈指の存在だが…。

「彦摩呂がおいしそうに食リポする姿を見て、視聴者からテレビ局に『死んでしまうのでは?』『病気太りか?』『テレビ局が無理やり、彦摩呂に食べさせている。虐待だ』などといった意見が相次いでいるんです。あまりの多さに、彦摩呂のキャスティングを一考するプロデューサーも出てきた」(事情通)

 視聴者から意見が殺到するようになったのはここ半年のこと。実は最近の彦摩呂は力士も驚くほど体重が増加。見た目もパンパンに膨らんだ頬にアゴはなくなりたぷたぷだ。まるで腹話術人形のようなまぶたは映画「スター・ウォーズ」に登場するジャバザハットのような激太りだ。

「視聴者は最近、みるみる肥えていく彦摩呂を見て心配になっているんです。でも言っておきますが彦摩呂は人間ドックで精密検査をしても何も異常は見つからない。むしろ、通常の人よりも健康体だという結果が出ているんです。だから、本人も油断して食べ過ぎてしまったようです」(知人のプロデューサー)

 ちなみに“最盛期”は身長172センチ、130キロ超だった。そこで、約2か月前から、ダイエットを始めたという。

「視聴者から『危ない』と言われ続けた結果、仕事がなくなってしまう恐怖を感じたようだ。普段1日6食だったのを3食に変え、おやつのカツ丼をやめた。するとあっという間に体重は11キロ減。身軽になった彦摩呂はマラソンまで始めたとか」(同)

 とはいえ、最もやせていた時の体重60キロには職業柄、二度と戻れそうにないが…。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

カワいすぎる「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」直撃
北陸地方で注目を集めている福井県立羽水高校の女子マネジャー・古市琴美の顔に迫った!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は鳴門SG「オーシャンカップ 」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。