• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 山Pだけ書類送検 法律のプロは「窃盗、強盗が適当」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山Pだけ書類送検 法律のプロは「窃盗、強盗が適当」


赤西軍団がトラブルを起こした現場

 警視庁麻布署は21日、20代女性の携帯電話を一定期間使用不能にしたとして、器物損壊の疑いでジャニーズ事務所のタレント山下智久(29)を書類送検した。

 今回の事件について、法律のプロは首をかしげる。板倉宏日大名誉教授(刑法)は「器物損壊がおかしいとまでは言わないが、窃盗、または強盗が適当ではないか」と厳しい目を向ける。

 山下が人の所有物を持ち逃げしたのだから「盗み=窃盗容疑」が適当というわけだ。そこに暴力的行為が加われば「強盗容疑」になる。受け止め方は人それぞれだろうが「物を壊した」のと「物を盗んだ」のでは世間に与えるイメージは大きく変わる。

「『物を持ち去ったけど、数日後に返したのだから、窃盗じゃありません』なんて甘いと思いますよ。それがまかり通れば、泥棒しても後で返したら誰でも罪に問われないことになる。警察は甘いと言わざるを得ない」と板倉教授は警察の姿勢に疑問符をつける。

 示談が成立しているため、起訴はされない公算が大きいが、罰金や科料が命じられる略式起訴の可能性もわずかに残っている。

「山下さんは任意で事情聴取を受けたと思います。逃亡のおそれもないので、身柄送致ではなく、書類送検になったのでしょう。万が一、略式起訴された場合は罰金20万円くらいになる」(板倉教授)

 いずれにせよ、被害者側がその場で警察を呼ばなかったのは「山下さんにとって不幸中の幸いだった」(板倉教授)。窃盗や強盗容疑で現行犯逮捕されていれば起訴されていてもおかしくない警察沙汰だったといえる。

 

※「山Pだけ書類送検の裏」は本日(22日)発行紙面に掲載

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。