• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「明るすぎる劇団・東州」に初代タイガー、サスケ、西村ら伝説のレスラーも参戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「明るすぎる劇団・東州」に初代タイガー、サスケ、西村ら伝説のレスラーも参戦


伝説のレスラー3人(左から初代タイガー、サスケ、西村)によるサプライズ演出の成功に“パントマイム”深見もこの笑顔

 戸渡阿見(ととあみ)団長こと深見東州が率いる「明るすぎる劇団・東州」の定期公演が先日、東京都渋谷区の新国立劇場で2日間にわたって行われ、深見自らが書き下ろした4つの演目が披露された。新作として初上演の「アレー人」では舞台上に本物のリングが登場し、プロレス界の生ける伝説たちがサプライズ出演するなど大盛り上がり。2日間で2000人超満員の観客は終始“笑いあり、感動あり”のステージを楽しんだ。

 開演を知らせる暗転から幕が上がると、衝撃的な光景が目に飛び込んできた。オープニングとなる「黄金伝説~清拭篇」のステージには、頭上に2つの“タマ”をつけた全身金色の男が立っていた。

 実は奇妙な姿の男は、交通事故で意識不明となった元暴走族のキンタマ。病室でナースが行う清拭や医師の診察に対する感情をダンスで表現する。

 失笑とも嘲笑とも取れる「クスクス…」という声に追い打ちをかけたのが、次々と姿を現す出演者のビジュアルだ。金色の衣装をまとった主人公に不可欠な“お袋様”や現在ブレーク中のお笑いコンビ、日本エレキテル連合風のメークをした医師&ナースなど、もはや何でもありの状況に、開演から5分もたたないにもかかわらず、会場は既に爆笑の渦に包まれていた。

 新国立劇場の舞台コードギリギリの演目に続いては、今回の目玉の一つ、最新作「アレー人」がスタートした。1人の青年が出会ったのは、「アレー」と「マレー」しか言葉を発さない未知の人種。このアレー人の正体に迫るのが主なストーリーとなるが、偶然見つけたテレビのスイッチをつけた瞬間、誰も予想だにしない急展開を見せる。

 ステージに突如本物のリングが現れ、初日はそのマット上にプロレスラー西村修とザ・グレート・サスケが登場! その直後、なぜかアレー人がリングイン。突然組まれた1対2の変則マッチに、観客は一瞬あっけに取られていたが、ゴングが鳴ると“聖地”後楽園ホールさながらの応援に変わっていった。西村のエルボースマッシュやダブルアームスープレックス、サスケとのツープラトン技にアレー人が劣勢となると、さらなるサプライズが起こる。

 会場に流れたのは、戸渡阿見こと深見が歌う「タイガーマスク」の入場テーマ。客席がどよめくなか、初代タイガーマスクがアレー人の救出に現れた。初代タイガーが「思いもよらない熱烈なる歓迎を受け、最高の気分でした」と語るタイガーコールが響くなかで、サスケをソバット合戦の末に空中殺法で一蹴。最後はトップロープからのフライングヘッドバットで3カウントを奪った。

 2日目は、何でもありの混沌とした展開に…。リング上に現れたのは、三田英津子、ブル中野、山田敏代。

 3対1でアレー人と凶器ありラフファイトありのバトルを行い、会場を沸かせた。最後はブルのラリアートからのヌンチャク攻撃に三田、山田のツープラトンでのブレーンバスターで勝負あり。前日とは打って変わって、この日は“おかま”となったアレー人が3カウントを奪われ、初日と違う演出に2日間通して訪れた観客も大満足の様子だった。

 歴戦のレジェンドにとっても演劇の舞台での試合は初体験。初めはどんなものが出来上がるかわからない不安があったが、「劇団の方々と目指す方向が融合した」(西村)リングに、会場からは「ありがとう!」の声が相次いで送られた。

 この反応に異例のコラボの仕掛け人となった深見は、「これからもこの舞台でプロレスの熱狂をお届けします」と新国立劇場を新たな“プロレスの聖地”とする野望をぶち上げた。

 休憩を挟んだ後半では“笑い”に“感動”がプラスされた2作品が上演。琵琶湖が舞台の「雨」では春雨、ドシャ降りの雨、横なぐりの雨の3種類の雨が、出会いから嫉妬や言い争いを経て、最後は仲良くなる様子をタップダンスで表現した。会場には家族連れの姿もあり、子供に向けた深見からのメッセージも垣間見えたような作品だった。

 最後の演目となったのは「広辞林」。井の頭公園にある架空の森に1人の青年が迷い込み、不思議な経験をする。はじめこそ魔女の森を思わせる幻想などに戸惑いを見せていたが、偶然見つけた美しい木との出会いでストーリーは加速。恋の物語へと変わり、誰にも触れてほしくないという思いを“天然記念物の標識”を立ててかなえる純情ドラマで幕を閉じた。

 この日披露されたいずれの演目にも「意外性も感動もあり、格好つけないで演じる舞台が大衆演劇の魅力だと思う」という深見の演劇観が伝わってきた。深見と7人の劇団員が演出する「明るすぎる劇団・東州」は来年も笑いにあふれた舞台を届けに戻ってくる。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。