• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【路チュー騒動】乃木坂・松村を“ナンパ”した男の評判と場所

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【路チュー騒動】乃木坂・松村を“ナンパ”した男の評判と場所


ラジオ局に入る際、報道陣に顔をそむけた松村

「軽率なことをしたと後悔しています」——生出演したラジオ番組「レコメン!」(文化放送8日午後10時から)で、「週刊文春」(同日発売)で報じられた「熱烈路チュー&不倫」について泣きながらファン、相手家族、関係者に謝罪した乃木坂46の松村沙友理(22)。デートしたこととキスをしたことは認めながらも、相手の妻子ある大手出版社勤務30代男性との出会いは仕事ではなく、街中でのナンパだったと明かし、「向こうの方に家庭があることも知りませんでした」「男女の仲というのはありません」と釈明した。
 
 関係者によれば、ナンパ場所は新宿の紀伊国屋書店のマンガコーナーだったという。既婚者が書店で若い女性をナンパとはなんとも大胆だが、ついて行ったのが現役アイドルというのも珍しい。

 男性の素顔を知る関係者は「仕事はできる方だが、風貌は貧弱で一部から“へナチョコ”とからかわれている。モテるタイプには思えないが、大手出版社という看板もあり、かなりの頻度で合コンをしているので、社内でも『アイツは調子に乗ってる』と陰口を叩く者もいますね」。

 一緒にパーソナリティーを務めたメンバー生駒里奈(18)は松村を「おバカちゃん」としたものの「ずっと仲間でやってきた。すべて支えるし、守ろうと思う」と語ったが、松村の“処分”は未定だという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。