• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 高岡奏輔と鈴木亜美の横浜スタジアムデートを激写

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高岡奏輔と鈴木亜美の横浜スタジアムデートを激写
2014年09月08日 10時22分

試合観戦する高岡奏輔(左)と鈴木亜美

 6日に横浜スタジアムで行われたプロ野球のDeNA―広島戦を、俳優高岡奏輔(32)と歌手鈴木亜美(32)のカップルが観戦した。

 

 高岡は2011年に女優宮崎あおい(28)と離婚後、週刊誌の報道で鈴木との交際が明らかになった。一時は破局説も報じられたが、この日はハマスタの最前列で並んで野球観戦。開始直前まではともにつけていたサングラスを、プレーボール後は高岡につられるようにアミーゴも外した。


 雨が1滴落ちてきたかどうかというタイミングで、高岡はダッシュで2人分のカッパを買いに行くという“ファインプレー”で、もてる男特有のマメさをうかがわせた。グリエルモデルのユニホームを着込んで応援した高岡の熱い気持ちに横浜は応えられず、広島・大瀬良大地投手の初完封の前にスミ1で敗戦。それでも最後まで席を立たなかった2人にとっては、楽しい観戦だったようだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。