• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 北川景子 キムタク「HERO」コケたら“戦犯”扱いに

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北川景子 キムタク「HERO」コケたら“戦犯”扱いに


ドラマ「HERO」に新ヒロインとして出演する北川

 女優の北川景子(27)が、7月14日スタートの月9ドラマ「HERO」(フジテレビ系)に新ヒロインとして出演する。

 

あまちゃん能年がキムタクとの共演拒否

 

 主演の木村拓哉(41)が型破りの検事を演じる同ドラマは、これまでの2001年の連続ドラマ、2007年の映画版とも、ヒロインは松たか子(37)が務めていたが、今回は一新されて、北川が起用された。

 

「美しい容姿とは裏腹に、言葉遣いの端々に粗野な部分が見える」という事務官役。このところの北川はドラマ「悪夢ちゃん」(日本テレビ系)などで見せる、美貌とは正反対のコミカルな三枚目役がウリになっている。

 

「木村さんとは4年前の月9『月の恋人』で共演しているので、気心は知れている。13年前の『HERO』放送時、北川さんは高校の受験勉強でテレビを控えていたそうですが、HEROだけは見ていたとか。そんな作品に出演できると喜んで撮影に臨んでますよ」(フジテレビ関係者)

 

 だが、一方で不安視する声もある。まず、5月に公開された主演映画「悪夢ちゃん The 夢ovie」が大惨敗したからだ。

 

「『アナと雪の女王』のメガヒットのあおりをもろに受けたのが敗因でした。北川の事務所の後輩のももいろクローバーZまで登場し、北川も参加した期間限定ユニット『きもクロ』も結成し、フル回転で宣伝したのにこのありさまで、本人も事務所も頭を抱える事態となった。『アナ雪』とかち合う不運もあったとはいえ“映画館に客を呼べない女優”のレッテルが貼られてしまった」(映画関係者)

 

 北川といえば同世代の若手女優の中でも主役級に成長し、テレビに出演すれば、潜在視聴率は8・3%を持っているとされる。ただ、1年前は同10・5%だったから、人気のピークは過ぎた感がある。

 

「映画の大コケのインケツぶりを北川が『HERO』の現場に持ち込むのでは、とライバルのテレビ局や他事務所は逆に“期待”していますよ」(芸能プロ関係者)

 

 さらに、天下のキムタクドラマである点も、北川の今後にかかわってくるという見方も強い。

 

「かつての視聴率男・キムタクもこのところは数字が取れなくなってきている。昨年10~12月のTBSドラマ『安堂ロイド』は平均視聴率12・78%でしたからね。今回は人気ドラマのリメーク版だから、合格ラインは18%くらいになるでしょう」(ドラマ関係者)

 

 そこでコケてしまった場合、北川が“戦犯”にされる危険性がある。

 

「松たか子が出演を断った理由ともいわれていますが、キムタクやジャニーズは視聴率が悪いと、相手役の女優の責任にすることがままある。今回も数字が取れなければ、北川の起用をめぐって『松だったら…』となりかねない。北川にとっては気の毒な環境なのです」(同関係者)

 

 さて、こうした周囲の不安を一掃するようなヒットとなるか。北川の演技とともに視聴率の行方が注目される。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。