• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > モチーフは電車 戦隊モノ新作は「烈車戦隊トッキュウジャー」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モチーフは電車 戦隊モノ新作は「烈車戦隊トッキュウジャー」
2013年12月02日 16時00分

次の戦隊モノのモチーフは電車(※写真と本文は関係ありません)

 テレビ朝日系朝の特撮番組「スーパー戦隊シリーズ」の次回作が、電車をモチーフにした作品になることが本紙の取材で分かった。ヒーロー好きの子供やファンのみならず、鉄道オタクまで取り込むことで歴代最強の戦隊が誕生しそうだ。


 現在は「獣電戦隊キョウリュウジャー」が放送中。ネット上ではすでに今年9月の段階で「東映が『烈車戦隊トッキュウジャー』を商標登録している」として、次回のヒーローが「電車モノだろう」と話題になっていた。


 戦隊関係者によると「確かに、来年2月からの新しい戦隊はトッキュウジャーになることが決まっています。いろいろと鉄道関係の要素が盛り込まれます」と話す。


 これまでの戦隊は、それぞれのメンバーが「キョウリュウレッド」など色分けされてきたが、新戦隊では「トッキュウ1号」「2号」など、呼び方も電車方式になっている。

 

 また、人間からヒーローに変身するときは、鉄道会社の電子乗車券を使うことになるそうだ。

 

「巨大ロボに乗るときも、駅の改札でピッと電子乗車券をタッチするようにして、乗り込むそうです」(同関係者)。チャージ代金が足りない場合は変身できないのだろうか?


 テーマが鉄道になった経緯について、特撮ファンは「同じ鉄道をテーマにした『仮面ライダー電王』は、グッズが爆発的に売れたんです。今回もそれにあやかったのではないでしょうか」と推測する。


 2007年放送の「電王」は、俳優の佐藤健(24)が主役を演じた出世作。視聴率はそこそこだったが、関連商品の売り上げはよかった。「電車と聞けば、すべてのものに飛びつく鉄道オタクが購買に走ったことが理由でしょう」(同)


 今後考えられる展開について、前出の戦隊関係者によると「実際の鉄道会社とコラボして、作品中に登場する電車を現実に走らせてみたり、鉄道ツアーを計画するという話があるそうです」という。これが実現すれば、お目当ての電車やヒーローに向けて歓声を上げる子供の横で、カメラを持った鉄オタの大人がいる…という光景が見られそうだ。

【関連記事】





ピックアップ
元プロレスラー小橋建太がBSフジ「馬キュン!」で皐月賞予想公開
独特の予想のほかにも現役時代をほうふつとさせる逆水平チョップを豪快に披露!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。