• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 小島慶子 スッピン写真に「ここまで劣化するか」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小島慶子 スッピン写真に「ここまで劣化するか」
2013年08月29日 11時00分

 フリーアナウンサーのの小島慶子(41)が28日、東京・豊島区のリブロ池袋本店で、コミュニケーション指南本「失敗礼賛」(KKベストセラーズ)の発売記念トークイベントを行った。

 人と付き合うのが苦手で、15歳から摂食障害を患っていたという小島は「日の当たる場所に行きたくて女子アナになったが、自分より美しく才能ある人が多くて、もっとつらくなった」と、これまでの人生を振り返った。

 続けて「30代で子育てに追われると症状は治まったが、今度は不安障害に陥った。カウンセリングを受けて自分が整理できたが、私が気に入る私でなくても、家族は好いてくれると気付いて変われた。振り返れば失敗だらけの人生だが、失敗したからこそ変われる」と力説した。

 座が温まると「おととい免許更新で5年ぶりにすっぴんで写真を撮ったら、女囚かというほど生活に疲れ果てていた。シミは取ったが年齢は隠せない41の夏。高価なパックを使い皮膚科にも相談しているが、ここまで劣化するか。これからも美容と戦って負け戦を重ねるだろうけど、結果、楽に自由になったなら、しわが一本もなかった20代のころより今が一番いい」と自虐話も飛び出した。

 そして、7月に持ち上がった“ツイッター削除騒動”についても「ツイートが累計6000以上になっていたので、本棚を掃除するつもりで2時間くらいかけて夜中に消した。すると、ちょうど所属事務所を移籍する時期と重なり、ニュースになってしまった。芸能人=一挙手一投足に何か理由があると見られるんだ、ネタ枯れとはそういうことかと興味深かった」と振り返った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】31日開幕! 動画コンテンツを配信
前検から最終日まで、注目選手のインタビューと推奨レース予想を動画で配信。

【弥彦GI寬仁親王牌】深谷が優勝
深谷が2011年6月高松宮記念杯以来2個目のタイトル奪取!

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「東京スポーツ映画大賞」。

ドイツが1990年W杯イタリア大会以来24年ぶりの優勝を飾った。

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

吉田拡郎(岡山)がインから逃げ切りSG初優勝を飾った。

三国GⅠ:レディースチャンピオン(8月5日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。