• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 織田裕二 深刻な“ゲイショック”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織田裕二 深刻な“ゲイショック”
2013年07月23日 11時00分
ページ: 1 2

 織田裕二(45)が“ゲイショック”に見舞われた!! 男子短距離の元世界王者タイソン・ゲイ(30=米国)らトップアスリートを襲ったドーピング問題で、ガックリと肩を落としているのが、8月の「世界陸上」(TBS系)でメーンキャスターを務める織田だ。もとより“ゲイ好き”は有名で、過去の大会では他の選手そっちのけで大興奮していたことも。それだけに欠場のショックは大きく、定番の勝負服“炎の赤ポロシャツ”封印もにおわせているという。

「ゲイのいない世陸なんて…」――。こんな織田の声が、聞こえてきそうだ。ドーピング検査で陽性反応が出て、8月10日開幕の陸上世界選手権(モスクワ)を欠場することになったゲイ。本人は故意のドーピングを否定した上で「信頼していた人物に裏切られた」と話しているが今後、出場停止処分などが科せられる可能性が高い。

 このほか短距離王国ジャマイカから前世界記録保持者アサファ・パウエル(30)ら5人も陽性反応を示した。

 大打撃なのは世界陸上を中継するTBS。同局関係者も「世界記録保持者のウサイン・ボルトとゲイの対決は目玉の1つだったのに…」とうなだれる。

 だが、ひょっとすると中継局以上に意気消沈しているのが織田かもしれない。1997年のアテネ大会から9大会連続でメーンキャスターを務めており、世界陸上はいわばライフワーク。

 なかでも大のお気に入りはゲイで、2007年の大阪大会では司会者に「織田さんはアサファ・パウエルとタイソン・ゲイ、どちらが勝つと思いますか?」と聞かれて、迷わず「僕はゲイですよ! 絶対ゲイです」と答えたほどだ。

「ゲイが勝利すると『ゲイやった!』と番組そっちのけで大喜びし、物議を醸しました。このほか男子ハンマー投げの室伏広治さんも大好き。11年の韓国テグ大会では、室伏さんが金メダルを獲得した瞬間『ムロフシ! ムロフシーッ!』と絶叫。途中で感極まり天井を見上げる場面もありました」とは番組関係者。

 こうした織田の“情熱実況”は話題となり、ネット上での織田語録は注目を集めた。現在、連ドラ「Oh,My Dad!!」(フジテレビ系)の撮影をこなしているが、関係者によれば「世界陸上に向けた事前準備のため、ドラマの撮影は珍しく“巻き”(急ぎ)で進行しているそうです」という。

 

次のページへため息をつき「なんでだよ、ゲイ…」

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

カワいすぎる「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」直撃
北陸地方で注目を集めている福井県立羽水高校の女子マネジャー・古市琴美の顔に迫った!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は鳴門SG「オーシャンカップ 」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。