• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > ゴマキ「ゲーム漬け」の日々

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴマキ「ゲーム漬け」の日々
2013年02月08日 11時00分

 AVだヘア写真集だと、その“G乳ボディー”に狙いを定めた復帰話が最近盛んにささやかれている、元「モーニング娘。」のセンター、後藤真希(27)。本当に脱ぐのか、いつ見られるのかとワクワクしているファンも多いだろう。そんなゴマキの近況を探ってみると、色気のかけらもないゲーム漬けの日々を送っているというから「?」だ。脱ぐと決めておカネの心配がなくなったから遊びまくっているのか、それとも――。

 一昨年末のワンマンコンサートを節目に芸能活動休止に入った後藤。最後の公の場は昨年3月、モー娘OG「ドリームモーニング娘。」の日本武道館ライブで、「意外と踊りは体で覚えているものですね」とブランクを感じさせぬパフォーマンスを“魅せ”た。

 が、復帰プランとして取り沙汰されているのはなぜか本業以外の仕事…。

 実話誌が昨年11月に「AV2本撮り」と報じたかと思えば、週刊誌2誌が年末年始号で「年明けにソフトAV撮影」「イメージビデオ付き写真集?」とそれぞれ報道。本紙既報通り、濡れ場マン載の主演映画とヘアヌード写真集のセット売りでギャラは1億円超というプランが最有力だが、最近はまた実話誌が「後藤真希AV金髪性器」などとも報じている。ところが、後藤の近況を探ると、色気のかけらもない生活を送っていた。

 長い付き合いの友人によれば「ずっとゲームをやっていて、長い時で30時間ぐらいぶっ続けでやっている」というのだ。「『ドラゴンクエスト』や『モンスターハンター』のシリーズものや、『とびだせ どうぶつの森』なんかに夢中で、たまに話をしてもその攻略法ばっかり。いつ寝てるんだろうと思うほど。私が知る限りでは、仕事に復帰しているような様子は全くありません」

 後藤のゲーム好きはファンの間では有名で、それが高じ、活動を休止したころにはPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル3rd HD」のCMにも出ていた。累計プレー時間が3000時間を超えたゲームもあったと、自ら明かしているほど。

「彼女の家には専用のゲーム部屋があって、機器やソフト、スピーカー類、攻略本などズラリ揃ってます。長くゲームをやってても疲れないようなベッドソファーみたいなものや、飲み物を取れる小さな冷蔵庫まであって、その部屋だけでずっとくつろげる感じです」と友人。やはり復帰が決まって金銭的な不安がなくなってやりたい放題なのか。それにしても睡眠時間を削ってまでゲーム漬けの日々となれば、あの美しい肢体、美容コンディションを保てないのでは?

「食事は、遊びに来る友達とかに頼んで買ってきてもらったおにぎり1個とかお菓子で済ませてたりしてます。特に太ってはなく、見た目にはあまり変わってません。ただ、あまり外出しないから日に当たらず、少し不健康な感じかも」(友人)

 思い返せば一昨年6月、本紙がスクープした引退報道を受け、後藤は直筆コメントを発表。そこには「ゴマキではない自分は一体何がしたいのか、何が出来るのか、考えたり挑戦したりしたい」とつづっていたが、それがゲームだとしたらあまりに寂しい。

 今年は心機一転、どんな形にせよまた華やかな“現実の世界”に戻ってきてほしいものだ。

【関連記事】





ピックアップ
元プロレスラー小橋建太がBSフジ「馬キュン!」で皐月賞予想公開
独特の予想のほかにも現役時代をほうふつとさせる逆水平チョップを豪快に披露!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。