• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 芸能プロ各社が西川先生を「ブラックリスト」に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能プロ各社が西川先生を「ブラックリスト」に


 番組出演中に突然、夫との危機を告白し泣きだすなど、女医タレントなのに情緒不安定な言動で最近お騒がせの西川史子(41)。その裏で芸能界からは「言動が鼻につく」「何様のつもりだ」といった声が出始め、共演のひな壇タレントらが在籍する芸能プロ各社が、なんと西川を「要注意人物」としてブラックリスト入りさせているという。一体どうしてこんな事態になってしまったのか――。

 


 事情をよく知るテレビ局スタッフによると、多くの人気タレントが加担し昨年末騒がれたあの事件がきっかけのようだ。「ぺニーオークション詐欺で広告塔になったほしのあき、小森純、熊田曜子らを、西川が『やってることに品がありませんよね。顔も見たくないくらい嫌ですッ!』とテレビで強烈に批判したでしょ。あの発言がマズかった…」


 聞けば、これにより西川は「最近、言動が鼻につく」「何様のつもりだ!」「芸能人の悪口をすぐに言い、勘違いしてる」などと、芸能プロ各社から怒りを買ってしまったという。


「他にも『女医という立場をうまく利用して、全く芸もないのに調子に乗るな』などと、西川の発言を伝え聞いた芸能プロの幹部たちは激怒して吐き捨てたという話ですよ」(同)


 この猛バッシングには、西川のタレント生命に関わりかねない展開も噂されている。事情通が明かすところによると…。「実はね、西川のことが大嫌いな各芸能プロの面々たちが、『西川と同じ番組にウチらのタレントを出演させるのをやめよう』と言って共闘し、西川を業界から排除する動きを見せているというんですよ」


 情緒不安定が顕著になったのは昨年末ごろからで、背景には本人も告白しているように会社役員の夫との不和がある。「強気キャラに見えるが、内面はすごく繊細で優しい性格。おまけに真面目なものだから、何事も深く考え込んでしまう。本当に夫を頼りにしているからこそ、うまくいってない現状がつらいのでは」とは、西川を嫌っていない芸能プロ関係者だ。


 では、夫婦仲が悪くなる原因は誰がつくったかというと、これがどうやら西川のようなのだ。


 先日、テレビ生番組で夫の家出を告白するも、理由は「墓場まで持っていく」と言葉を濁し、かと思うと後日別のテレビ出演で夫の帰宅を報告、家出の理由を「ゴミの分別の仕方で言い争った」と言いだした西川だが…。「ゴミの分別だけで家出しますか? 東スポがスクープした、去年の銀座クラブでの泥酔暴言事件が尾を引いてるんですよ」と知人のテレビ関係者は言う。


 昨年9月中旬、東京・銀座8丁目の高級クラブ「J」でのこと。新横綱になったばかりの日馬富士、タニマチの不動産会社経営X氏らと来店した西川は、泥酔し、横綱の前で暴言を吐いた。「西川はクラブに行ったことは認めましたが、泥酔して暴言を吐いたり、泣きわめいたことは否定。目撃者は何人もいたんですけどね」とはクラブ関係者。


 自身の酒癖の悪さから招いた夫婦ゲンカで精神バランスを崩し、それが西川バッシングにつながったとしたら、“夜遊び”の代償は大きかったと言わざるを得ない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞 new
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
マーキュリーカップ(7月17日・盛岡競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。