• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > “雑草”剛力が下克上でエリート武井超え

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“雑草”剛力が下克上でエリート武井超え


 人気女優・上戸彩(27)が、「EXILE」のリーダー・HIRO(43)と昨年9月に入籍し、そのとき本紙は“ポスト上戸争い”で「武井咲(19)と剛力彩芽(20)がデッドヒートを繰り広げている」と報じたが、その結果が見えてきた。本命の武井が大失速し、剛力が大ブレーク。剛力の過去を考えると、これはまさに下克上と言えそうだ。

 

 上戸はここ数年、所属のオスカープロモーションの大黒柱的な存在だっただけに、結婚を契機に「武井と剛力がポスト上戸を争う」と多くの芸能関係者は見ていた。


 昨年9月の時点で武井は「Wの悲劇」(テレ朝系)、「息もできない夏」(フジ系)、「東京全力少女」(日テレ系)と3クール連続で主演を務めた。当然、「武井が断然優位」との見方が大勢を占めていた。ところが、3本のドラマはすべて平均1桁の低視聴率。テレビ関係者に「武井では視聴率は取れない」との評価が定着してしまった。


 一方、剛力にとっては飛躍の年だった。「ベストビューティストアワード」や「ベストドレッサー賞」など“8冠”に輝き、14日からいよいよ、フジの月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で主演する。


「ネットでは剛力について『事務所のゴリ押し』と批判の声もある。確かに8冠といっても事務所の力もあるでしょうが、もともと事務所に全く期待されていない存在だった」(芸能プロ関係者)


 オスカー所属の女性タレントは武井、上戸を始め米倉涼子など、ほぼ全員が「全日本国民的美少女コンテスト」出身。「売れた子は、コンテストで何かの賞を取った子が多い。米倉と上戸は審査員特別賞、武井はマルチメディア賞とモデル部門賞を取った」(同)


 だが、剛力は賞を取るどころか決勝にも進めなかった。「2002年の大会では書類審査で落ちたんです。当時は全く目立たなかったのでしょう。決勝に進めなかった子で売れた例は剛力以外記憶にない」(テレビ関係者)


 剛力はその後、オスカーのモデル部に所属して地道に活動したが、売れる気配は全くなかった。


「それが昨年放送の月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演しブレーク。これは事務所のプッシュではなく、ガチで受けたオーディションに通って出演できたんです」(同)


 しかも剛力は、映画で武井にトドメを刺す!?


「8月に公開される実写版の『ガッチャマン』に出演するんですが、剛力は紅一点の白鳥の役。初のアクションでは脚を高く上げるキックのシーンもあって、見ている方はドキドキもの。“変身”しないシーンでも超ミニスカをはくらしいから、また人気になりそう」


“雑草”剛力が、エリートの武井を完全に蹴落とす、まさに下克上と言えそう。とはいえ、本紙としては武井の思い切った「セクシー路線」での大逆襲が見たい気もする。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。