• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 軽率ツイートで楽しんご“芸人生命の危機”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽率ツイートで楽しんご“芸人生命の危機”


 新年早々、またまた芸人がとんでもない騒動を起こした。元フジテレビアナウンサーで現在フリーの“チノパン”こと千野志麻アナ(35=本名・横手志麻)が死亡事故を起こし、沼津署は4日までに、自動車運転過失致死の疑いで書類送検する方針を固めた。この事故に反応したのが楽しんご(33)だ。あまりに軽率すぎるツイートを行い、猛バッシングを受けている。このままでは芸人生命は絶たれかねない。

 千野アナの事件を知った楽しんごは、よせばいいのに自身のツイッターで「チノパン可哀想」とツイート。千野アナは加害者であり、ここで「可哀想」というのは当然、ふさわしくない。すぐに他のユーザーから指摘を受け謝罪、削除したのだが…その後の楽しんごの対応があまりにもひどく、炎上するハメとなってしまった。

 楽しんごは「反省しなキャッツ」「しんご反省しまちゅ」「僕はゴミしんごです」などと、とても本当に反省しているとは思えないツイートを次々と投下。一応「本当にすいませんでした。何も考えないでツイートしてしまいました」とマジメに謝罪もしているが、ついには「わぁーいー荒れてる!一躍有名人だー 2ちゃんねらーって相当暇だね」などと絵文字付きでやってしまったからどうにもならない。

 お笑い関係者は「楽しんごは、あまり物事を重大に考えないタイプ。そもそも『ラブ注入』のギャグにしても、元相方のものを黙ってパクって、後でちょっとした騒動になったくらいですから。今回もこんな大事になるとは思わず、やってしまったのでしょう」。

 このあまりに幼稚な楽しんごに、業界人もあきれ顔を浮かべるばかり。

 テレビ局関係者は「この騒動は、芸人・楽しんごにとって命取りになりかねない。わざわざ火中の栗を拾う人はいないでしょう」とバッサリと斬り捨てた。

 一昨年に大ブレークした楽しんごだが、昨年は芸人として表舞台にはほとんど出ず、引退説まで飛び出したほど。

 実はそのころ、整体院「楽しんごの癒しんご」のプロデュースに全力を注いでいたというが、芸人としての“復活”も狙っていたという。

 若手芸人は「さすがにブームの時ほどではないにしろ、昨年よりはもうちょっと露出を増やそうと考えていたようです。あまりにも露出がなくなると、いずれは整体院の方にも影響が出るのは自明の理ですからね。昨年末には、数多くの芸能人・業界人が集まることで有名な観月ありさの誕生パーティーにも顔を出して、芸を披露していました。こういう場に来るということは、業界人への顔つなぎという意味が大きい」。

 こういうタレントの集まるパーティーで「面白い」となれば、ゲスト出演などが決まったりすることもあり、消えそうで消えない芸人が必死に顔を出す場でもあるという。この手の場所に楽しんごが出席したということは、再びメディア露出を増やしたいと思っていたはずだ。

 ただ、そんな思いを打ち砕いてしまいかねないのが、あまりにも軽率すぎる今回のツイートだ。露出が増えるどころか、ますます見られなくなることになりそうだ。

 

千野アナなぜ逮捕されないのか

千野アナが息子を肉食系男子に育成中

楽しんご「拉致暴行」で元相方と絶縁状態

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。