• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 暴走52歳!新たな「らっきょ伝説」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暴走52歳!新たな「らっきょ伝説」
2012年11月17日 11時00分

大暴走した井手らっきょ

 まさかというか、やはりというか…。たけし軍団の「裸王(らおう)」こと、芸人の井手らっきょ(52)が公然の場で大暴走だ。井手は7日、東京・新宿ステーションスクエアで行われたグラドルとの合体イベントに登場。事前に下ネタ厳禁の通達が出されていたにもかかわらず、それを無視して“過激”パフォーマンスネタを連発してしまった。主催者はきつ~いおきゅうを据えられたというが、その一部始終をリポートする。

 らっきょが登場したのは午後6時。レースクイーン出身で“美尻番長”の異名を取るグラドル・神ユキ(25=じん・ゆき)との「神ユキ×たけし軍団 真冬の新宿水着祭り!」なるイベントだった。

“事件”が起きた場所は眼前に「笑っていいとも!」で全国的に知られる「新宿アルタ」がそびえる、まさに新宿のど真ん中。絶対に「やってはいけない場所」だった。イベントは神ユキが超セクシーなヒップを披露し、観客の興奮が最高潮に達しようとしていた時、司会のお宮の松(39)、アル北郷(42)の呼び込みに応じる形で井手が登壇した。

 井手のいでたちはなんと、黒のTバック。この「新宿ステーションスクエア」はJR東日本が所有し、主催者には「下ネタ厳禁」が通達されていた。そんな中での黒のTバック。スタッフに緊張感が走る中、神ユキの美尻を見た井手はいきなり「もう半だち」と先制パンチをお見舞いする。

 なんとか司会の2人が場をとりなしたものの、続けて行われた「美尻ポーズ対決」でもギリギリのパフォーマンスを連発。立ちバックスタイルで、観客に美尻をアピールする神ユキの股間にもぐり込んでは、いやらしい視線を発射。

 自身のパフォーマンスでは、寝転がって両足を「YMCA!」とやる。ほんの少しTバックがズレていればポロリだったが、さすがの“名人芸”でこの危機はしのいだ。

「毎日“チントレ”してるからね。あ、筋トレだった」と涼しい顔の井手。「ユキちゃん、次のゲームの前にセクササイズ、いやエクササイズしようか。こうするんだよ、ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、ナイン!」。ゲームでは、神ユキが美尻で割った風船を食べるなど、やりたい放題だった。

 井手の暴走は止まらない。イベントのサプライズで神ユキが12月7日に「美尻神 本番解禁!」でAVデビューすることが発表され「トップ取ります!」と宣言した瞬間に、興奮した井手がついにやらかした。写真撮影で神ユキの美尻を「ペロリ」となめてしまったのだ。

 事前の通達では、水着での出演まではOKが出ていたが、過激な下ネタはすべてNGだった。当然、主催者は場所を管理するJR東日本の関連会社から大目玉を食らうことになり「こってりしぼられました。もう少しで通報されるところでしたよ」(主催者)と大困惑だった。

 ところが、当の井手は本紙に「いや~。久しぶりにやり切ったね~。新宿のど真ん中でね。最高だったよ! 殿にもユキちゃんの美尻を体験してもらいたいね。尻フェチじゃなくても、絶対好きになると思うよ」と、たけしにメッセージまで残し、反省の色はない。この日、新宿の地に新たな「らっきょ伝説」が誕生したことだけは間違いないが、この男を止めるのはもはや不可能なのか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【松戸競輪GⅡ】第10回サマーナイトフェスティバル
9日、松戸競輪場で行われた「第10回サマーナイトフェスティバル」(GⅡ)は深谷知広が、「ガールズケイリンフェスティバル」(FⅡ)は小林優香が優勝した。

【連載】遠野なぎこ「ぶっちゃけた理由」アーカイブ
出会って2か月で再婚し55日でスピード離婚した遠野なぎこが再婚前に七股交際歴や両親からの虐待など「秘められた過去」を暴露した理由とは? 本紙連載で大好評だった衝撃コラムを公開――。(全19回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!


おすすめコンテンツ
競馬初心者(20歳以上)の12組24人を募集します。

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は若松SGボートレースメモリアル(26日開幕)

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。