• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 紳助「敗訴」ほくそ笑む吉本

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紳助「敗訴」ほくそ笑む吉本


 暴力団との交際が発覚し芸能界を引退した島田紳助(56)が「週刊現代」の記事で名誉を傷付けられたとして発行元の講談社を提訴していた訴訟の判決で、東京地裁は30日、紳助の請求を棄却した。これには連名で提訴していた吉本側もさぞガックリかと思いきや、意外にもほくそ笑んでいる。理由は、敗訴が思いもよらぬ展開につながる可能性があるというのだ。

 問題となった記事は昨年10月15日号の「週刊現代」で、紳助が京都市内の不動産取引をめぐり暴力団組員を同席させて交渉していた、などと報じたもの。紳助サイドは計1億6500万円の損害賠償を求めていた。

 本多知成裁判長は「暴力団との交際を知りながら所属契約を継続した」との内容が名誉毀損に当たるとして、講談社側に吉本へ110万円の支払いを命じたが、紳助の不動産交渉に関する記述は「真実と信じる相当の理由があった」として請求を棄却した。

 この判決について吉本は「到底、承服できるものではありません」「控訴を行う予定」とコメント。紳助本人も控訴する意向だと明かした。“敗訴”は紳助と吉本にとってはショッキングな結果だが、これが意外にも紳助芸能界復帰への突破口となりそうなのだ。

 事情に詳しい関係者は「吉本サイドは『絶対に勝てる』と踏んでいた。それだけに紳助は敗訴という結果に怒り心頭で、控訴審では自ら出廷することも辞さない覚悟。控訴審の日程次第だが、おそらく年明けには、東京高裁の法廷に立つでしょう」と指摘する。

 もし、紳助出廷が実現すれば、当日は多くの報道陣が詰めかけるのは間違いない。「そんな状況になれば、自分が正しいと自信を持っている紳助は逃げも隠れもしない。堂々と取材に応じるでしょう」(前同)

 紳助の復帰に関して吉本興業の大崎洋社長は今年の年頭、「戻ってきてもらえると信じている。これは全社員、全タレントの総意」とコメント。「大崎社長は常々『あの才能を埋もれさせるわけにはいかない』と言っており、復帰を熱望する気持ちは今でも変わっていない」(事情通)

 ただ紳助自身は復帰する意思を見せていない。「紳助は現在、結婚32年目を迎える夫人とともに悠々自適の生活。最近はどこに行くにも夫婦一緒なんです。『総資産約40億円』と言われているように、金銭的には何の心配もない。そのうえ自ら経営するすし屋やバーも絶好調ですから、復帰する必要がない」(テレビ関係者)

 とはいえ、芸能界に未練がないわけではない。突然の引退を宣言した昨年8月までは、ほぼ毎日テレビに出演していた紳助。それが「同じ番組に今は自分が出ていないわけですから。一時代を築いたタレントとして寂しい思いは当然ある。今でも親しいスタッフとは連絡を取り合っている。ただ復帰したくなってもきっかけがないんですよ」(別のテレビ関係者)。

 そうしたなかでの“敗訴”。裁判へ出廷すれば、イヤでもテレビ画面に映し出される。これがきっかけとなることは十分ありうるという。
「紳助は公の場に出ていないだけで、取材を拒絶しているわけではない。実際に今年4月には『週刊文春』の直撃取材に長時間応じている。長い間、沈黙を続けただけに今はしゃべりたいことがたくさんあるはず。控訴審でメディアの前に出れば、再び復帰する気になる可能性は高い」(ワイドショースタッフ)

“敗訴”という納得できない結果が、紳助の“負けじ魂”に火を付ける。その炎を吉本が大きくして、芸能界復帰への道ができるというわけだ。この形なら、世間は「狙っていた復帰」とは受け取らないだろうが、果たして思惑通りにゆくか。

 

低迷フジ局内で「紳助再評価」

紳助復帰へアンタ柴田が救いの手

「引退紳助」今でも年収1億円以上

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。