• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > がん闘病中だった冴島奈緒さん

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん闘病中だった冴島奈緒さん
2012年10月27日 16時00分
ページ: 1 2

ヨガのインストラクターとして活動していた冴島奈緒さん(2007年)

 1980年代、AV女優として一世を風靡した冴島奈緒さんが、9月29日にがんで死去した。44歳だった。冴島さんは87年にAV女優としてデビューして以来、スレンダーなボディーにFカップの美しい巨乳で世の男性をノックアウト。AV女優業を休止してもロックバンドや執筆活動、ヨガのインストラクターなど多方面で活躍していただけに、その早すぎる死は多くの人々に衝撃を与えている。

 冴島さんとがんとの闘いは2007年ごろに始まっていた。がんに侵された部位や程度については、情報が錯綜しているが、懸命の治療のかいあって2010年半ばころには、旅行ができるぐらいに回復した。だが、それもつかの間で、再びがんが見つかった。

 今年の春ごろメールをやりとりしていた後輩女優は「入退院を繰り返してるって…。けれど、“元気になったら、また何かやりたいね”と言ってたのに…。まさかこんなに早く亡くなるなんて」とショックを隠せない。

 冴島さんは1985年にグラビアアイドルとして芸能界デビュー。深夜のお色気番組「11PM」(日本テレビ系)の名物企画「秘湯の旅」の温泉リポーター・うさぎちゃんとして登場し大ブレーク。T158・B83・W54・H83のスレンダーボディーにもかかわらず、Fカップの美しすぎる巨乳で、男性ファンのハートをわしづかみにした。

 だが91年に突然、活動を休止。「この体があれば何とかなる」と渡米しニューヨークなどでヌードモデルをしていた時期もあった。96年に帰国してからは音楽活動を本格的に再開した。

「98年にはゴスロリのカリスマになったロックボーカリストとの音楽活動をやったり、2000年ごろには神奈川県内のクラブで看板ママとして出ていたことも。そのころ、結婚したという噂もあるけど、その後2002年に再びAVに戻ったと聞いてます」(事情通)

 復帰後の02年に川奈まり子と共演したAV作品「女神再光臨」は大きな話題となった。その後は女優業に移行。並行してロックバンドボーカル、ヨガのインストラクターなど、多彩な活動を展開した。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
緊急検証!2015年度版 超新約黙示録〜第2回 紅白オカルト合戦〜 new
オカルト界の伝説、新鋭、精鋭たちが「CSファミリー劇場」に集結。白組、紅組に分かれ、2015年に起こるオカルトネタで激突する!

【12・30岸和田】KEIRINグランプリ2014
「KEIRINグランプリ2014」に出場する地元・大阪の稲川翔を、岸和田出身でNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演した女優でプロレスラーの川崎亜沙美が激励。

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
大魔神・佐々木×アンカツ×麒麟・川島に本紙舘林&安田美沙子も参戦

女子プロレス界最大のカリスマが波乱に満ちた生い立ちから、日本中を熱狂の渦に巻き込んだクラッシュギャルズの真相などを赤裸々に語る。(全15回)

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

今回は「SGグランプリ、GⅠクイーンズクライマックス」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」の称号を目指してグラビアアイドルが奮闘中のサバイバルオーデ­ィションのニコニコ生放送公開イベントが11月29日、東京「サブカルカフェ&バー ニュータイプ新宿」で開催された。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。