• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > フセインの影武者が明かす「日本人人質解放の真実」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フセインの影武者が明かす「日本人人質解放の真実」


世界初! 本物の影武者が表舞台に登場した。イラクの独裁者サダム・フセイン(2006年に死刑執行)の長男ウダイ(03年に米軍が暗殺)の元影武者で、映画「デビルズ・ダブル」(13日公開)の原作者ラティフ・ヤヒア氏(47)が先日、来日。本紙の単独インタビューに応じ、恐怖の体験を激白した。

(7日付【突撃ヒューマン】)

 イラクの独裁者故サダム・フセイン大統領の長男で〝狂気のプリンス〟と恐れられた故ウダイの影武者として4年半を過ごしたラティフ・ヤヒア氏(47)が来日した。ラティフ氏は裕福な家庭に生まれたが、同級生だったウダイに似ていたことで強制的に影武者に仕立てられた。拷問などに耐えかね20年前に亡命したが、米CIAへの情報提供を断ったことから逆に米国に追われる立場になり、いまだ無国籍でパスポートも与えられない仕打ちを受けている。


 ラティフ氏が影武者を務めた期間には、イラクで「日本人人質事件」が起きている。1990年、日本人救出に動いたのは、当時参議院議員のアントニオ猪木だ。猪木は同国で平和の祭典などスポーツイベントを行い日本人救出に積極的に動いた。当時のスポーツ大臣ウダイと接触、握手も交わしていた。

<イラク時間12月5日PM8:30=オリンピックコミュニティの最上階で人質の夫人たちを待っていたのが、フセイン大統領の長男であるウダイ元イラクオリンピック委員長であった。ウダイ氏は、この席で『日本人の客人を解放する』と衝撃的な発言をした……>(1990年12月7日付 東スポ1面)
※紙面に掲載されなかった部分を公開!
YouTube Preview Image
☆ラティフ・ヤヒア=1964年6月14日生まれ、イラク・バグダッド出身。バクダッドでも有数の実業家を父に持ち、市内の名門学校に進学。そこでウダイと同級生になり、大学卒業後に兵役に就く。87〜91年までウダイの影武者を強制され、その後は欧州に亡命した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。