• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「元モー娘」福田明日香が再デビューしていた

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「元モー娘」福田明日香が再デビューしていた
2012年10月16日 11時00分

 アイドルグループ「モーニング娘。」(以下。は省略)の元メンバー・福田明日香(27)がインディーズバンドで活動していた。1999年の卒業と同時に芸能界を引退した福田は昨年、3人組ユニット「PEACE$TONE(ピースストーン)」のメンバーとして復帰。これまで大々的な露出を控えて音楽活動を行っていた。なぜ復帰? なぜユニット? 再デビュー後、初めて福田がメディアに口を開いた。

 福田と言えば、先月15日に「モー娘」15周年イベントで久しぶりにコメントを出して話題となった。卒業して13年。その間の消息はあまり知られていないため「ヤフー・トピックス」にもランクインしたが、実はひっそりと音楽活動を再開していた。その名も「PEACE$TONE」。昨年11月にはアルバム「ダブル・ファンタジー」で再デビューしていた。

「復帰しようと思っていたわけではないんです。古くからの友人関係にあったボーカルのTERRA(テラ)と、ギターのやまんchang(やまんちゃん)が新しいバンドをやりたいと言うので『だったら手伝うよ』と。作品がたまったから形にしただけで、ソロだったら復帰しませんでした」(福田)

 その2人もインディーズバンド出身ということもあり、当初は名前を明かさず活動していた。最初のライブは東京・大田区民フェスタというローカルなお祭り。地元の人は、まさか目の前で歌っているのが元モー娘の福田だとは思わなかったに違いない。昨年3月にライブを行った時には、動画共有サービス「ニコニコ生中継」が入ったものの、誰も福田に気づかなかった。

「アクセスが9000ぐらいあったんですけど。でもそんな状態が面白くてゾクゾクしました。『女の子のボーカルがうまい』というコメントがあってうれしかった」

 もっとも、そんな“覆面時代”もつかの間、あっという間にバレてしまった。また、きちんとした作品として世に問うには、自分の露出もある程度は仕方がないと考え直すようになったという。

 ただ、そこで問題となるのがモー娘との関係だ。現在、プロデューサーのつんく♂や、モー娘のメンバーの連絡先は知らないため交流はない。


 しかし「元の所属事務所に復帰の報告をしたところ『納得のいく活動ができるといいね』と応援してくれた」というだけにモー娘メンバーの耳に入っているようだ。

 福田は加護亜依(24)とだけは一方的な“再会”を果たしている。2010年のサマーソニックでレゲエユニット「Def Tech」のライブを見に行った時のことだ。そこには懐かしい顔が…。

「加護ちゃんがジャズを歌っていたんですよ。『あ! 加護ちゃんだ!』と思って、ステージの前の方に行って『イエ〜イ!』とか盛り上がってたら『あっ! 私もモー娘だったんだ。バレたら大変なことになる!』と気づいてズルズルと後ずさりしました。あまりにブランクが長いので一般人の感覚なんですよね」

 かつて福田と同時期に活動したメンバーは結婚や出産、タレントなどをして活躍。福田は彼女たちを応援するとともにライバルととらえている。

 11月3日には6か月連続配信第2弾となる着うた「みんな旅人」をオリコンで独占配信する。卒業と別れをテーマにした心地良いバラードで「再会を願っています」と思わせぶりな歌詞がある。いつか、福田が元メンバーと笑って再会する日が来るかもしれない。

道重「これからも愛され続けるグループに」

新生モー娘。道重さゆみが“逆襲”宣言

戦国時代を勝ち抜くモー娘。の戦略

 

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
緊急検証!2015年度版 超新約黙示録〜第2回 紅白オカルト合戦〜 new
オカルト界の伝説、新鋭、精鋭たちが「CSファミリー劇場」に集結。白組、紅組に分かれ、2015年に起こるオカルトネタで激突する!

【12・30岸和田】KEIRINグランプリ2014
「KEIRINグランプリ2014」に出場する地元・大阪の稲川翔を、岸和田出身でNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演した女優でプロレスラーの川崎亜沙美が激励。

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
大魔神・佐々木×アンカツ×麒麟・川島に本紙舘林&安田美沙子も参戦

女子プロレス界最大のカリスマが波乱に満ちた生い立ちから、日本中を熱狂の渦に巻き込んだクラッシュギャルズの真相などを赤裸々に語る。(全15回)

週末のレースに向けて「UMAJIN.net」編集部で行われている、デスクとスタッフ・伊藤のナイショ話

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊が女子アナの“とくダネ”大放出!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」

今回は「SGグランプリ、GⅠクイーンズクライマックス」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」の称号を目指してグラビアアイドルが奮闘中のサバイバルオーデ­ィションのニコニコ生放送公開イベントが11月29日、東京「サブカルカフェ&バー ニュータイプ新宿」で開催された。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。