• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > ピース綾部と花田氏 禁断の共演実現へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピース綾部と花田氏 禁断の共演実現へ
2012年09月15日 12時00分

 タレント・藤田紀子(65)との「30歳差熱愛」が発覚し、“熟女殺し”として名を上げた(?)お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(34)に、テレビ界が「禁断の共演プラン」を水面下で進めている。綾部を藤田の長男、つまり元横綱若乃花の花田虎上(まさる)(41=勝から改名)氏にぶつけようというのだ。実現したら注目度200%、スリリングな番組になること請け合いだが――。

 

 綾部と藤田の年の差カップルはいまだ注目度が高い。「最近はイベントの取材などで芸人がいると、間違いなくこの話題になる」(ワイドショー関係者)。ビートたけし本紙客員編集長(65)もこの話題には興味津々。先日の本紙では「若貴のお母さんだもんな。アイツ、若貴とどんな顔して会うんだろ?」と漏らしていた。

 

 確かに実の息子にとって、母親が自分よりも年下の男と付き合っているという状況に平気でいられるわけはない。花田氏と貴乃花親方は、熱愛報道が騒ぎになればなるほど、複雑な心境になるのは想像に難くない。

 

 そんな若貴兄弟と綾部の「禁断の共演」を実現させようと民放各局は躍起になっているという。

 

「綾部がどんな顔をして若貴兄弟と会うのか、お茶の間の興味を引くのは確実。各局のバラエティー番組が共演を画策している。すでに交渉しているところもあるようだ」(民放関係者)

 

 ただ、若貴兄弟は“犬猿の仲”ということで知られているため、共演が実現するなら、兄弟のうちどちらか1人ということになる。「現役の親方だし貴乃花親方の出演は難しいでしょうが、花田氏は可能。2人とも一応、交際は否定しているわけだし、あくまでもシャレとして考えてくれたらバラエティーには出てくれるのでは? そこに藤田も出たら話題になるでしょう」(同)

 

 果たして共演はどの番組になるのか?「お試しかっ!」で、仲間として“帰れま10(テン)”の100万円に挑戦するのか。それとも、敵味方に分かれてクイズ対決になるのか。どちらにしても、一歩間違えると…緊張感たっぷりのスリリングなシーンが展開しそう。

 

「確かに、いくら話題性があるといっても、ほんの弾みで綾部が花田氏を怒らせるとシャレにならなくなる。司会が花田氏より年下だと収拾がつかなくなる恐れもある。きっちりまとめられる大物が必要になるのでは」と予測するのは、ある芸能プロ関係者。

 

 そこで浮上するのが綾部の所属事務所、吉本興業の先輩である明石家さんまだ。「さんまさんの番組なら花田氏を怒らせることなく、笑いに変えてくれるでしょう。フジの『ホンマでっか!?TV』か日テレの『踊る!さんま御殿!!』あたりが有力では」(同)。いずれにせよ、近いうちに綾部と花田氏の共演が実現しそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【スーパージョッキーズトライアル第1ステージ】3人が暫定1位の大激戦!
第1ステージは6日、盛岡競馬場で行われ、村上忍、丸野勝虎、赤岡修次の3人が暫定1位に躍り出た。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

総勢140人以上!ゲームショウの美人コンパニオンを大特集
 ゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW2014」が18日、千葉・幕張メッセで開幕した。東スポWebではイベントの華である各ブースのコンパニオンを140人以上を特集!


おすすめコンテンツ
10・31ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

自らの秘められた過去を暴露した理由を、遠野自身が解き明かす

様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、本紙で報じた「“人魚”捕獲は日本海大地震兆候か」。

今回は「とこなめSGボートレースダービー」

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。