• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【小阪由佳】整形アイドルの実名暴露

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【小阪由佳】整形アイドルの実名暴露


激太り!小阪由佳が衝撃の“三段腹ライブ”を敢行

本紙既報(2月9日発行終面)通り、元人気グラドルの小阪由佳(24)が11日、都内で衝撃の“三段腹ライブ”を敢行した。芸能界引退後は“爆弾娘”と化している小阪が、もちろんただ歌うだけで終わるはずがない。自らの不倫の過去を告白しただけではなく、なんと現在も活躍中の人気グラドルの秘密を次々と“実名”で暴露したのだ。中には「全身整形」とまでバラされたアイドルも。大暴走したライブの一部始終を紙上再現する??。

 建国記念日の11日、東京・吉祥寺のライブハウスで衝撃のイベントが開催された。イベント名は「香ちゃんおめでと♪ バースデー企画 みんなでお祝いしましょ バレンタインちょこっとLOVEをあげる?小阪由佳、歌姫サプライズ&友達アイドル呼んじゃいました?」。
 インディーズアイドルが集うありがちなイベントだが、激太りした小阪が登場すると空気は一変した。あの三段腹を見れば想像はつくが、よほど運動不足なのだろう。すぐに息があがったものの、何とか2曲を歌い上げた。
 その後のMCで「今のダー(ダーリンの略)ともラブラブなんですけど、この時のダーともラブラブだった。不倫って言葉が懐かし?い、キャハッ」と、いきなりカミングアウトしたかと思うと、かかった曲はなんとロックバンド・175Rの「ハッピーライフ」だった! かつて175Rのボーカルで、当時SPEEDの今井絵理子(26)と結婚していたSHOGO(29)との不倫疑惑があった小阪だが、間接的にこれを認めた形だ。「ハッピーライフ」を歌い終えて次の曲は、よりによってSPEEDの「Go!Go!Heaven」。小阪の心憎い選曲に、マスコミを含む50人弱の観客からは大爆笑が巻き起こった。しかも小阪は「疲れた」という理由で、Aメロだけで曲を打ち切ったのだから、まさにやりたい放題だ。
 最後の曲は、なぜかアニメ「魔法使いサリー」の主題歌。すると曲中に突然、上着を脱ぎだしてミニセーラー服に変身。プックリした三段腹を惜しげもなく披露! 太りすぎているせいで、スカートのボタンは閉まっておらず、またまた会場は大爆笑に包まれた。
 自称・トップアーティストながら歌唱力はイマイチという残念な結果も、小阪は終始笑顔でご機嫌。

 ある意味、本気のスイッチが入ったのは、この後だった。司会者から「大変そうですね、アイドルって」と振られると、暴走モードに突入。アイドル仲間の秘密を“下の名前にちゃんをつけるなど、限りなく実名に近い呼び名”で暴露し始めたのだ。「アイドルは正直大変ですよね。ぶっちゃけ、AとBとかキャラ作ってるし、Cとか全身整形だし、Dとか年齢ごまかしてるけど、顔もごまかしてるから! すべてみんなウソ! みんな怖いの」
 危なすぎてアルファベット表記にとどめたが、この4人は小阪が同時期にグラビアで活躍していたアイドル仲間だ。Aは空想的な発言が多く、Bは“癒やし系”で人気を博した。Cは現在でもグラビアで活躍するフェロモン系で、Dは一時期年齢詐称で大騒動になった。
 小阪の発言の真偽は別にして、このまま暴露を続けさせてはまずいと慌てた司会者は、強制的に話題を変更。彼氏の話を振ると、小阪は「最近ぶっちゃけ、デート行きすぎちゃって、お金なくなっちゃった。いい仕事ありますか? 私なんでもやりますし。今の方がかわいいですよね!?」と悩みを打ち明けた。
 イベント終了後、男性と2人で会場から出てきた小阪を直撃。今後の芸能活動について「興味ない」と答えた以外は「こわ?い」「分からな?い」と連発しながら、タクシーに乗り込んだ。小阪はいったい何がしたいのだろうか? 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。