• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 演技力なし菜々緒ドラマ大コケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

演技力なし菜々緒ドラマ大コケ


「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」など、1990年代にトレンディードラマを次々ヒットさせたフジテレビの“視聴率男”大多亮氏(53)が、6月の常務昇格早々つまずいてしまった。

 

「フジは昨年、日テレに視聴率3冠王の座を奪われたばかりか、今年はテレ朝の後塵を拝している。“大多時代”には考えられなかったこと。それだけに失敗は許されない」(フジ系列の制作会社プロデューサー)

 

 そんななか7月に始まった連ドラ「主に泣いてます」は初回、第2話で6・6%だった視聴率が、第3話で2・2%にまで落ちてしまった。土曜深夜枠とはいえ、これはちょっとあり得ない数字だ。

 

 人気漫画のドラマ化で、主役はモデル系タレント菜々緒(23)。ドラマ初出演、しかも初主演というのがウリだった。「女優経験ゼロの菜々緒を起用して視聴率が取れるのかという反対意見も強かった。ところがゴリ押しでキャスティングされてしまった」とはフジ編成関係者。

 

 案の定、菜々緒は演技力のなさを露呈してしまった。「薄幸美女という設定でセリフが少ないのが救いだったんです。彼女のコスプレも少しは話題になったんですが、それも棒立ちで表情がない。あれじゃ視聴者も飽きます」(ドラマ関係者)

 

11日放送の第4話で視聴率は5%に持ち直したが、菜々緒も大多新常務も“泣いてる”に違いない。(数字は全てビデオリサーチ社関東地区調べ)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。