• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 話題作「苦役列車」の裏側に迫る!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題作「苦役列車」の裏側に迫る!
2012年07月09日 20時00分

 

世間をあっと言わせた西村賢太の私小説、

まさかの映画化!!!!!

 

 昨年、第144回芥川賞を受賞し、大きな話題を呼んだ西村賢太氏の小説「苦役列車」が映画になる。

 主演は森山未來。昨年「モテキ」で現代を生きる男子のリアリティを見事に体現した彼が、屈折しまくり、でもどこか憎めない貫多の一筋縄ではいかない人間像を絶妙の緩急を織り交ぜて妙演する。メガホンをとるのは、「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督。貫多が生まれて初めて友情らしきものを育む相手、同僚の日下部役に演技派、高良健吾。貫多が心を寄せる映画オリジナルのヒロイン、康子にAKB48の中心メンバー前田敦子。そして、マキタスポーツ、田口トモロヲら芸達者が脇を固める。

 瞬く間に過ぎ去っていくかけがえのない時間。個性的な主人公を通して見えてくるのは、誰の胸にも覚えのある普遍的な情景である。いま、ここに青春映画の真新しいスタンダードが誕生した。

 

「苦役列車」7月14日(土)全国ロードショー

 

「苦役列車」公式ホームページ

 

 ◇公開記念イベントW開催

:

 

◇「苦役列車」ストーリー

 1986年。19歳の北町貫多(森山未來)は、明日のない暮らしを送っていた。日雇い労働生活、なけなしの金はすぐに酒に消えてしまい、家賃の滞納はかさむばかり。いよいよ大家の眉毛もつり上がり、払うか、部屋を出るかの瀬戸際まで追いこまれていた。

 そんな貫多が職場で新入りの専門学生、日下部正二(高良健吾)と知り合う。中学卒業後は、ひたすら他人を避け、ひとりぼっちで過ごし、ただただ読書に没頭してきた貫多にとって日下部は、初めて「友達」と呼べるかもしれない存在になる。貫多には、かねて恋い焦がれる女の子がいた。行きつけの古本屋で店番をしている桜井康子(前田敦子)。読書好きの康子は、貫多にとってまさに理想の存在。

 彼女への思いを日下部に話すと、適度に世慣れた日下部はうまく仲介して、晴れて貫多は康子と「友達」になる。でも「友達」って、何だろう――貫多は、自分の人生に突然降ってきた新しい出逢いに戸惑いながらも、19歳の男の子らしい日々を送るが・・・・・・

 

◇「苦役列車」キャスト

俳優名        役名

森山未來      北町貫多

高良健吾      日下部正二

前田敦子      桜井康子

マキタスポーツ    高橋岩男

田口トモロヲ      古本屋の店長

 

監督         山下敦弘

 

◇インタビュー

「苦役列車」前田敦子インタビュー

 

「苦役列車」西村賢太氏インタビュー前編

「苦役列車」西村賢太氏インタビュー後編

 

「苦役列車」マキタスポーツインタビュー

 

「苦役列車」山下監督インタビュー

 

 

◇「苦役列車」関連記事

森山未來所持金わずか140円!?

 

前田敦子〝ダメ男でも来るもの拒まず〟

 

 

 ◇「苦役列車」フォトギャラリー







 

 

 

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。