• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 美元やはり「クビ」だった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美元やはり「クビ」だった


 俳優・高嶋政伸(45)と泥沼の離婚裁判中の美元(32)がいよいよ窮地に追い込まれた。

 

 これまで強気な態度を崩さなかった美元だが、世間のバッシングは広がる一方。23日には所属事務所「スタッフアップ」を退社する意向であることも発表された。

 

 同事務所は円満退社を強調するが、関係者によると「事実上のクビですよ」。その背景には岡江久美子(55)をはじめとする所属タレントの〝抗議〟があったという。

 

「美元さんの事務所には岡江さんのほか、俳優の筧利夫さんや田辺誠一さんなど、舞台を中心とした役者が名を連ねている。美元さんのせいでそうした所属タレントの仕事にも悪影響が出始めていたんです」(芸能プロ関係者)

 

 岡江も長年、薬丸裕英(46)と朝の生活情報番組「はなまるマーケット」(TBS)にレギュラー出演している。テレビ関係者は「岡江さんは主婦層の支持も高いだけに、『あの子、どうにかならない?』と周囲にこぼしていたそうです」と話す。

 

 苦境に立たされた美元は現在“就職活動”の真っ最中だが、現段階で引き受け手は現れていない。前出の芸能プロ関係者によると「焦った彼女はイメージ回復に必死ですが、苦戦していると言わざるを得ません。ここにきて高嶋さんとの離婚にも応じる構えも見せています」という。

 

 タレント生命の危機に加え、狙っていた慰謝料も当初のもくろみを大きく外れる可能性が出てきた。美元にとっては弱り目にたたり目となりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。