• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 話題のHKT田島芽瑠にモー娘ファン戦々恐々

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のHKT田島芽瑠にモー娘ファン戦々恐々


 福岡を中心に活動する「HKT48」の超大型新人・田島芽瑠(12)が話題だ。田島は23日に行われた同グループの2期生オーディション最終選考会で仮候補生に合格し、秋元康総合プロデューサーから「第2の松井珠理奈」と最大級の評価を受けたからだ。

 

 このニュースに戦々恐々としているのがAKBのライバル「モーニング娘。」のファンたちだ。田島は昨年5月に行われた同グループの10期メンバーオーディションに参加するも惜しくも落選。そこから実力をつけて今回見事合格を果たしている。田島のこのサクセスストーリーがモー娘ファンたちの過去の〝トラウマ〟を呼び起こすのだ。

 

 ファンが受けた傷とは先日の総選挙で3位に入るなどAKBの看板の一人といえる柏木由紀の存在だ。柏木は06年に行われたモー娘の8期オーディションに参加し、3次選考進出者25人のうちに残ったが、結果は落選。その年12月に行われたAKBのオーディションに合格しメンバー入りを果たすなど田島と重なるところは多い。ちなみにどちらも九州出身だ。

 

 AKB入り後の柏木の活躍は万人の知るところ。テレビや雑誌でその活躍を見るたびに「あのとき柏木がモー娘に入ったら」とファンを嘆かせてきた。田島がスターへと成長すれば、再びモー娘ファンたちに〝トラウマ〟となる可能性もある。

 

 田島のHKTオーディション合格は見方を変えると秋元康とつんくの眼力勝負ともいえる。果たして期待通りの活躍は見られるのか。指原莉乃の加入で注目を浴びるHKTだが、田島の成長にも視線が注がれそうだ。

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。