• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 1位奪還の前田敦子に〝AKB電撃引退情報〟

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1位奪還の前田敦子に〝AKB電撃引退情報〟
2011年06月12日 13時00分

 AKB48の22枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「第3回AKB48選抜総選挙」の開票が9日、日本武道館で行われ、絶対エースの前田敦子(19)が首位奪還を果たした。前回1位の大島優子(22)は2位と苦杯をなめたが、先月25日から約2週間にわたり世間を盛り上げた国民的イベントの裏では、両者の壮絶な火花の散らし合いがあった。周囲も気を使った2人の〝微妙な関係〟から、トップに返り咲いた前田の〝AKB電撃引退情報〟まで、本紙がキャッチした総選挙舞台裏をリポートする――。


 先月25日に発表された速報順位では2位だった前田だが、最終的には昨年の3万851票の4倍以上となる13万9892票を獲得し、2位の大島と約1万7000票もの差をつけた。

 悲願の返り咲きを果たした前田は「もちろん私が嫌いな方もいると思いますが、私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」と貫禄のコメント。大島には「いいライバルでいてくれた。AKB48を一緒に支えていってくれたらうれしい」と呼びかけた。

 一方の大島は「あっちゃんはAKBの顔です」と返し、その後2人は熱い抱擁をかわした。

 AKBに無関心な層でさえ、知っているほどの〝国民的ライバル関係〟にある前田と大島。その2人の抱擁は歴史的瞬間だったが、ここに至るまでには女同士の猛烈なバトルがあった。

 芸能関係者は「この1年間、前田は大島とステージやスタジオ以外ではほとんど口を聞かず、シカト状態になった時期もあった。周囲もそんな2人に必要以上に気配りしていた」と明かす。

 別の出版関係者も「例えば前田の仕事場に大島が表紙になっている雑誌などがあったら、周囲の人間がさりげなく前田に見せないように雑誌を裏返すよう気を使っていた」と証言。同じ事務所に所属する2人の犬猿ぶりは知る人ぞ知るところだった。

 また、ライバル意識が強すぎるあまり、昨年の総選挙で不動のセンターの座を明け渡した前田は相当な落ち込みようだったという。「悔しい半面、ある種の虚脱感もあったのか、軽いうつ状態ではないかと周りが心配するほどだった。仕事をやる気が全く出なくなってしまっていた時期もあった」(2人に近い関係者)

 そうした態度が憶測を呼んだのか、今年の総選挙前には「開票日の9日にステージで前田敦子がグループ卒業を発表する」という〝AKB電撃引退発表〟のウワサが一部ファンの間で流れたほど。中には「1位返り咲きを花道に卒業」といったものまであった。

 結局、卒業情報はデマだったが、順位発表を待っている前田の尋常でない震えや過呼吸のようなむせび方は「さもありなん」という気配まで漂わせた。もっとも、周囲をハラハラさせ続けた仁義なき戦いは、最終的に極限まで高まった緊張状態から解き放たれたことで両者が歴史的〝和解〟。

 大島はこの日の舞台上で「第三者にはいろいろなことを言われる」と世間の雑音をけん制。前田も「世間から少しでも(センターと)認めていただけるよう私なりにがんばる」と決意表明し、ツートップの絆を確かめ合うように、涙を流し合いながら抱き合った。

 報道陣500人が集結する中で繰り広げられた芸能史に残る感動劇は、「新生AKB48」誕生の瞬間だったのかもしれない――。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
五紙対抗「パチスロ北斗の拳 修羅の国篇」出玉対決
ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘

【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【競輪祭】平原康多が3回目の競輪祭制覇!
優勝した平原を「神スイング」でおなじみの稲村亜美が祝福した!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は大村ボート「SGチャレンジカップ」「GIIレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。