• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 球界のファン代表マー君がAKB総選挙を分析

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

球界のファン代表マー君がAKB総選挙を分析
2011年06月12日 17時00分

 9日に開票された注目の第3回AKB48選抜総選挙で、〝球界のファン代表〟として本紙に「ガチ予想」をしてくれた楽天・田中将大投手(22)は「前田1位、大島2位」を見事的中。今回の「メディア選抜12人」の結果を、自らの予想と照らし合わせて総評してもらった。

「やっぱり前田さん、大島さんの人気は揺るがないということでしたね。でも1位と2位、2位と3位でこんなに票が離れるとは思わなかった。それに今年の1位の票数は去年の総選挙の3倍以上はあったんじゃないですかね。それがすごい」と、AKB人気の高さに驚いた様子だった。

 マー君が注目したのは、やはり上位常連の7人「神7」から板野友美が外れ、去年8位だった柏木由紀が3位に急上昇した点だ。「(板野は)ソロデビューして(女性など)ファンの幅は広がったでしょうけど、投票するのはやっぱり男性が中心。柏木さんが3位に入ったところにそれが出ている気がします」と評論家顔負けの分析。柏木が持つ〝王道アイドル路線〟に男性ファンの票が流れたことが「分かれ目」になったとした。

 ちなみに〝推しメン〟の高橋みなみが7位だったことには「たかみなさんは、やっぱりこういう感じがいいですね」と納得。「前に出すぎないポジションでメンバーを支えるスタンスこそ」というマー君の理想通りの順位に落ち着いたが、去年6位からのダウンには「でもこれ以上、下の順位にはちょっと…」と不安も口にした。

 ファンのみならず球界を代表して「ガチ予想」したことには「真剣に予想したことで、結果が出るのが楽しみだった。予想するのも楽しかったです」と振り返った。

 

■関連記事■テレビに映らないAKB総選挙

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。