スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archives

釜石W杯スタジアムお披露目に“満席指令”?
2017年03月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災の発生から6年が過ぎ、ラグビーW杯開催まで約2年半となった岩手県釜石を応援する「釜石ラグビー応援トークイベント」が12日に東京・西武池袋本店で開かれ、地元チーム釜石シーウェイブス(SW)の桜庭吉彦GM(50)と福島県出身で2015年W杯に出場したFW大野均(38=東芝)、SWの前身・新日鉄釜石で日本選手権7連覇に貢献した石山次郎氏(59)らが出席し、東北で唯一W杯の開催地となった釜石への思いなどを語った。

 

 同様のイベントは昨年も3・11に合わせて開かれ、当時はまだ新たに建設する釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)予定地は整地が終わっていない状態だった。あれから1年。新日鉄釜石時代にW杯に出場し、19年大会アンバサダーでもある桜庭氏は「まだ更地ですが、最近、施行業者が決まりました。4月から本格的に工事が始まります」と一歩進んだ現状を伝えた。

 

 全国12の開催都市で唯一、スタジアムができていない釜石。総事業費31億~32億円(本体建設費約19億円)の競技場は1万6000人収容(うち1万が仮設席)で、市の資料によると18年3月までに仮設以外の整備が終わり、仮設整備も19年度の初期に終わる予定になっている。桜庭氏によると周辺の道路建設が急ピッチで進められており、「土を盛ったり、橋脚を造ったり」と工事に忙しい。大会開幕は19年9月20日。新スタジアムだけにテストイベントも欠かせない。

 

 昨年7月に現地を訪れた元ニュージーランド代表の名SOダン・カーター(35)が、山を背にして鵜川や海も近い風光明媚な立地条件に感激した新スタジアム予定地。ラグビータウンとしても名高いだけにこけら落としは豪華マッチも考えられる。桜庭氏は「具体的には言えない」と言葉を濁した後、「ワールドラグビー(国際連盟)からは、満員になる試合を1試合か2試合、予行演習として行うよう言われた」と続けた。

 

 新スタジアムでプレーしたい気持ちは「もちろんあります」と言う大野は、桜庭氏の発言を受けて「できればサンウルブズとしてトップリーグオールスターとか、日本代表でもいい。桜のジャージーを着て立てるよう、頑張ります」と決意表明も込めて希望を語った。

 

 W杯の予行演習というからには、海外チーム、19年大会出場国の参加が望ましいところ。1年前なら、釜石で試合をするチームもメドがついているかもしれない。一方で震災からの復興をアピールするには、地元チームの釜石SWほどふさわしいチームはない。昨夏には盛岡でトヨタを迎えて復興支援マッチを戦っている。震災支援で言えば、発生直後にいち早く現地支援を行った清宮克幸監督率いるヤマハ発動機、12年にチャリティーマッチで対戦した同じ日本選手権V7チームの神戸製鋼も“適役”か。

 

 まだ見ぬ復興スタジアムのオープニングに名を刻むのはどこか。

 

 13日の参院予算委での森友学園問題集中審議のテレビ中継で、佐川理財局長の後方にいたのは、震災発生間もない当時に財務省から志願して釜石に出向、副市長を務めてW杯誘致にも尽力した嶋田賢和氏だった。



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!