スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

公邸に“ニセ安倍”招いた昭恵夫人
2017年03月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 森友学園問題の国会質疑で山本太郎参院議員が「アッキード事件」なる巷の言葉を使うや、安倍晋三首相(62)が激怒、ジャパンタイムズが「Akheed scandal」と“英訳”して報じられた安倍昭恵首相夫人(54)。脱原発派識者との交流から麻文化礼賛、高江ヘリパッド建設現場に足を運ぶなど「家庭内野党」として幅広く活動しているのは知られているところだが、コントで首相役を得意ネタとしている芸能人を公邸に招待したことがある。

 

 社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」でニセの安倍首相を演じる福本ヒデ(45)。昨年10月、ブログに「うそみたいな話ですが…安倍昭恵さんからお招き頂いて首相公邸行って…」と書いている。安倍氏に扮した格好で、カーペットが敷かれた階段でのツーショット写真も。それに先立ち東京・銀座で開かれた福本の個展にも夫婦連名で花を贈り、ギャラリーを訪れたばかりか、安倍首相を描いた作品を購入していた。福本は当時、筆者の取材にこう話した。

 

 「安倍昭恵さんは本当に気さくで、僕のフェイスブックにコメントをくださるような方なんです。気軽にステージを見に来てくださり、誕生会にも呼んでいただいた。それが2007年。その後は音信がなかったのですが、僕が安倍さんの格好をした写真をフェイスブックに載せたら、最初にコメントが出ていた。『似ている。シェアさせていただきます』って。本物かな?という気もしたんですが、ときどき僕の記事にコメントしてくださる。『面白そう』とか『また見に行きます』と気軽な方なので、思い切って個展に来ていただきました」

 

 森友学園問題の質疑で、非常勤を含めて政府から5人がサポートしていることが明らかになった昭恵夫人。個展には「友達みたいな私服の女性が2人ついていた。どういう方なのか聞いたら、『総理大臣夫人秘書』と。運転手さんが結構、屈強そうな方で、(画廊の)下で待っていました」(福本)。

 

 コントでは首相を風刺する福本も、個展では「楽しい風刺画」をモットーに、安倍氏を支持する人も、支持しない人も楽しめるような作品を並べた。麻生太郎副総理・財務相や石破茂元防衛相ら他の政治家を描いた作品もある中で、昭恵夫人は「あべしんぞう」の文字で顔を描いたものと別の絵の2枚を購入。贈花については、「安倍晋三ってあったけど、(本人に)怒られるんじゃない?」とニセモノ視されたが、まぎれもない本物。福本はムンク「叫び」風に石破氏を描いた絵も勧めたが、「それはまずい。石破さんはウチにはちょっと…」と両者の微妙な関係をのぞかせるリアクションで辞退したとか。

 

 “奔放すぎるファーストレディー”に突如表面化した、スキャンダラスな学校法人との関係。右から左まで交流間口の広い昭恵夫人の内面は複雑なのか、単に好奇心旺盛な人なのか…。



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!