スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

東京五輪ゴルフ会場問題で議員から「詐欺」の声と“選定経緯”
2014年10月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 臨時国会の参院での議論で2020年東京五輪・パラリンピックに関する質問や追及が続いている。

 

 先週は予算委員会で民主党の蓮舫氏が国立競技場の解体工事にまつわる談合問題などを取り上げて追及。今週は16日の文教科学委員会で、みんなの党・松沢成文氏が、ゴルフ会場が当初の候補地とされた若洲ゴルフリンクス(東京都江東区)から霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)に変更されたことを問題視し、若洲が望ましいとの立場から所管の下村博文文部科学相兼五輪担当相に迫った。

 

  この件に関する松沢氏の見解や下村氏との質疑は、松沢氏のホームページに詳細が記されている。見解を示した文章では、選手村にも都心にも近い若洲でなく遠方の霞ヶ関が選ばれたことに触れて「東京は(競技会場が選手村に近い)コンパクトな会場配置を売りにして招致を勝ち取ったはずです。これでは詐欺でしょう」と強い憤りを表明。三方を海に囲まれた若洲は真夏の五輪にあって海風が体感温度を下げる効果も期待できる。情報公開が不十分で会場選定過程が不透明。「若洲の方が優れている点がたくさんあります」として下村氏に方針転換を求めた。

 

 委員会質疑で下村氏は、松沢氏の挙げた若洲の特長について「その分野におけるその分析で言えば、多分そのとおり」と認めた一方、五輪コースの選定はそれがすべてではないと主張。2万5000人のギャラリーが入れる広さ、大会運営や放送の拠点となる施設、駐車場などの用地も必要で、そうした“五輪基準”が重視されたのだろうと「漏れ聞いております」。コース変更も適正な手続きで行われたとして、現在は「会場変更を要するような大きな課題があるとは聞いていない」と見直しの意向はないことを示唆した。

 

 東京都所有の若洲から超名門の霞ヶ関への変更については、12年11月18日付の当欄でも書いている。五輪開催都市の1次選考を前にした12年2月に国際オリンピック委員会(IOC)に提出した「申請ファイル」では若洲だったゴルフ会場が、13年1月に出した最終的な開催計画「立候補ファイル」では霞ヶ関に変わった。つまり、同年9月の開催都市決定前に霞ヶ関での開催を示しているわけだから、松沢氏の言う「詐欺」は言いすぎだろう。むしろ、現在複数の会場で検討されている見直しで遠方への移転が次々と決まった場合こそ、その言葉をもって東京側は批判されかねない。

 

  12年当時の筆者の取材でも、36ホールの霞ヶ関に対して18ホールの若洲については広さへの懸念が示された。三方が海であることは緊急時の避難の問題が生じかねないとも。 コースに変更については、この夏、あるイベントでゴルフ関係者がこう話していた。

 

 「一応、(当初は)若洲に決めたけれど、お客さんが(多数)入らない、放送(の施設)もできない。(大規模な)練習場もできない。ということでJGA(日本ゴルフ協会)で、どこにするかを考えて、横浜と霞ヶ関が候補になった。その後、IGF(国際ゴルフ連盟)のアントニー・スキャンロン(エグゼクティブ・ディレクター)が日本に来た。JGAはどちらにするか決めかねていた。どっちにしても、いろいろ言われる。スキャンロンに『決めてくれ』と」

 

 霞ヶ関は会員制コース。松沢氏は霞ヶ関側が五輪会場となることに関して一枚岩ではないのではないかとの懸念も示している。12年の当欄でも触れたが、五輪に向けたコース改造の可能性もあり、プレ大会や本大会の準備や開催に伴う休業による収入減の問題も生じる。東京五輪として行われるとはいえ、埼玉県の民間コースに公金から補助を出すのかどうかも議論となるところ。

 

 前述のイベントで、霞ヶ関の地元関係者は、「コース改造には十数億円かかる」と話していた。

 



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!