話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

東京ディズニーリゾートでイースターをお祝い!
2017年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 春のお楽しみといえばイースター! というワケで、近ごろは日本でもハロウイーンに続いて定着しつつあるイースターですが、どこで楽しんだらいいの?とお悩みの人も多いはず。

「うさたま大脱走!」はミッキーマウスを筆頭にディズニーの仲間たちが大活躍!

 イチ押しは他に先駆けてイースターイベントを早くから開催してきた東京ディズニーリゾート(TDR)。今年もディズニーならではの楽しく華やかな春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を6月14日まで開催中です。

 さらに昨年は東京ディズニーランド(TDL)のみで開催していたイースター・イベントを、今年は2年ぶりに東京ディズニーシー(TDS)でも展開とあって、早くもTDR全体で盛り上がりを見せています。

 東京ディズニーランドでは今年初登場のキャラクター“うさたま”とディズニーの仲間たちが繰り広げる「ディズニー・イースター」を開催。

 目玉は新規パレードの「うさたま大脱走!」で、ウサギの耳が付いたタマゴのキャラクター“うさたま”とディズニーキャラクターたちによるパレードです。

東京ディズニーランドではパークに逃げ出した“うさたま”を捜すのも楽しい

 お祝いの準備のためにイースターエッグを作っていたら、ハプニングで大発生した“うさたま”たちがパークに逃げ出し、ドタバタ大騒動に…という内容で“うさたま”たちを捕まえるためにディズニーの仲間たちが奮闘します。

 巨大な掃除機や虫捕り網など、さまざまな方法を駆使して“うさたま”を追いかけるのですが、従来とはひと味違った、にぎやかで“ヘンテコ楽しい”イースターを体験できるのが魅力。

 7台のフロートを中心に大小さまざまなカートが連なるパレードは途中で停止し、ゲストと一緒に“うさたま”を捜したり…と、皆で一体となって大盛り上がり間違いなしです。

「ファッショナブル・イースター」は着飾ったディズニーキャラクターたちが見もの

 パークには至るところに“うさたま”のデコレーションがあり“うさたま”を捜す「エッグハントプログラム~“うさたま”を探せ!~」(専用マップ無料)も…。

 一方、東京ディズニーシーではディズニーの仲間たちによるオシャレに着飾る春の祝祭「ファッショナブル・イースター」を中央のメディテレーニアンハーバーで公演。

 ウサギの耳の飾りが付いた帽子“イースターバニーボンネット”がポイントで、思い思いの帽子と華やかなファッションに身を包んだディズニーキャラクターたちが、各テーマに合わせたダンスでファッションの魅力を披露します。

 カラフルでにぎやかな東京ディズニーランドに対し、東京ディズニーシーのイースターはシックでグッと大人っぽい感じ。TDLとTDS、アナタはどちらでイースターを満喫したい?

(C)Disney







東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!