何となく思いついたこと、目についたことをツラツラと…。
プロフィール
高木圭介
昭和44(1969)年6月4日、神奈川県川崎市生まれ。神奈川大学レスリング部を卒業後、1993年に東スポ入社。プロレス&格闘技、社会、レジャー、特集部などを担当後、現在は運動部所属。 2006年10月、本紙携帯サイト「東スポ芸能」のスタートと同時に当コラムはスタート。2009年10月から晴れて、紙面でも連載開始。世の中の重箱の隅を愛する〝長期連載〟。
最新記事
カレンダー
2016年9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

363:「ちい散歩」終了に思うこと
2012年07月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


         <2012年4月=東スポ携帯サイトより>

 俳優・地井武男の体調不良→検査の結果、長期療養が必要と判明とのことで「ちい散歩」(テレビ朝日系)が、ついに5月4日の放送で終了することになった。

 平日午前の人気散歩番組。夜型人間には無縁の番組だが、私は毎日録画して、深夜に帰宅してから視聴する習慣になっている。

 ついつい「国民的人気番組」と書いてしまいがちだが、実は関東を中心としたローカル放送で全国放送ではない。また「この10数年、午前中の風物詩であり続け――」なんてイメージを抱きがちだが、番組スタートは2006年4月。だから放送期間は、わずか6年と弱。21世紀になってからの番組だ。

 同じく人気が高い散歩番組「ぶらり途中下車の旅」 (日本テレビ系)にしても、昭和時代から見続けていた印象があるが、これとて1992(平成4)年スタートだから、平成時代に入ってからの番組。旅番組はなぜか長寿番組のイメージがつきやすい。

 視聴者の誰もが気になっていた「ちい散歩」の後継番組は、5月7日から加山雄三がメインの散歩人となる「若大将のゆうゆう散歩」に決定した。

「ちい散歩」は地井武男の目線で、各地の商店街など、市井の人々の暮らしを紹介するスタイルだったが、若大将は徹底的に〝庶民〟ではないし、多芸多才の塊にして、ちょっとステージが違う面白人物。各地を散歩、訪問し、色んなことに驚き、感動する若大将のリアクション、コメントの面白さを楽しむ番組になりそうな気配だ。

 後任を大物タレント・加山雄三が務める以上、「ちい散歩」の番組タイトルは使えないだろう。

 だが個人的には「ちい散歩」の名称を未来永劫使い続けて欲しかった。たとえば後任に水前寺清子(チータ)や杉田かおる(チー坊)、フォンチー(元アイドリング!!!8号)、あるいはビルマのスー・チーさんを起用するなんて荒業を使ってでも…。

 ちい散歩という命名の裏には「地井武男の散歩」という意味だけでなく「小さな散歩」の意味もかけられていたことだろう。だから後任が誰になろうとも番組タイトルは「ちい散歩のままでOK!」という理屈も成り立つ。

 放送開始から46年の歴史を刻む「笑点」が、番組開始当時の人気小説にして人気映画、人気ドラマ「氷点」のもじりであることなど、もはや知らない人も多い。

 これから30年後、40年後に「ちい散歩」が継続していたとして、未来のクイズ番組か何かで「〝ちい散歩〟という番組タイトルは、実は小さな散歩という意味ではなく、初代の散歩人が地井武男という、昭和~平成時代に活躍した俳優だったから」なんてトリビアが発表され、ゲストのタレントたちが、ワイプ画面で皆一様に驚きの表情を見せる――なんて未来に期待していた。

 東急東横線の学芸大学駅のそばに学芸大学はないし(附属高はまだある)、向ヶ丘遊園地(神奈川県川崎市)が閉鎖されて10年が過ぎた現在も、小田急線の向ヶ丘遊園駅は存在する。地名とか番組タイトルってそういう「由来モノ」で良い気がするのだ。

 地井武男の健康状態が回復した折には、不定期な特番とかスペシャル枠で、タイトルも含めた名番組「ちい散歩」に復活して欲しいものだ。



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!