究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

日本…世界初の!
2015年07月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「競輪命」補佐の秋田ガラパゴス麻子です。日本初、いや世界初の電車プロレス「ローカル線プロレス」に行ってきました~。

 

 チケットは限定50枚で1万円、往復ハガキで応募、多数の場合は抽選でした。結果は…2倍を優に超える倍率の中、見事に(連れが)当選し、観戦することができました(ワタシは車券同様、ハズれたけどね…)。

 

 出発は山形県南陽市の赤湯駅。舞台となるローカル線、山形鉄道フラワー長井線の始発駅です。

 

 

 上野から山形新幹線に乗って向かいます。ワタシにとって山形は未開の地。だって競輪場ないんだもん。山形新幹線にも初めて乗りました。午前11時過ぎに赤湯駅到着。一日平均乗降者数が200人というフラワー長井線の赤湯駅のホームは本当に小さくて狭くて、プロレスオタク50人と関係者、報道陣。それは異様な光景でありました。

 

 ほどなく長井線の電車が到着。二両編成で試合会場はその内の一両。もう片方は控え室です。50枚限りのプレミアチケットを握り締めた観客が続々と乗車し、隙間なくベンチシートに座っていっていざ出発。選手は次の停車駅、南陽市役所駅から乗り込むことが主催者から告げられます。

 乗り込むなり観客席?に座り込むザ・グレート・サスケ選手。

 

 ワタシは普通の会場でのプロレス観戦の時は最前列や後楽園ホールならパイプいすのアリーナ席は避けています。場外乱闘の時に逃げ切れる自信がないんです(どんくさいんです…)。しかし、この電車プロレスは全席最前列(最前列しかないけど)。選手までの距離、わずか数センチ。本当に緊張しましたが、そこはプロの選手とレフェリー(3人いました)たち。絶妙な距離感を守って観客には当たらないようにしてくれます。ほら、あれですよ。3D映画みたいですよ。目の前までこぶしが迫ってくるのに当たらないあの感じ。

 

 ほら目の前でこんなことしてるんですよ(レスラーに触れてはいけません)。

 

 縦長の会場を最大限に利用してこんなことも。

 

 

 その他にも選手が近いからならではなシーンもたくさんありました。唯一の女子レスラー井上京子選手が得意技の釣り天井固めを高木三四郎選手にかけようとしたのですが狭い上に高木選手は重たいのでかけることができませんでした。それを見ていた、のはしたろう選手が小声で「京子様、ボクがかけられます!」と自ら志願して行くなど…。そんな会話、普段なら聞けないですものね。

 見事、最後まで勝ち残ったのは井上京子選手とフジタ”Jr”ハヤト選手でした。

 

 電車が長井駅に到着するまでの約30分。本当に夢のような時間でした。主催者の一人であるローカル線プロレス実行委員会の渋谷達郎さんは開催前に「会場の性格上、リハーサルはいっさいなしのぶっつけ本番なのでどうなるか…」とおっしゃってましたが、その不安を一掃する大成功でしたね。


 今回のこのイベントは過疎化が進む山形県長井市の町おこしと年々乗客が減り続ける山形鉄道フワワー長井線の活性化を目的に行われました。観戦者の多くが県外から訪れたようです。はっきり言って何にもないこの土地、この電車に高い交通費を使わせて(遠くは三重や京都からいらしたそうで…)安くないプロレスチケットを買わせてこれだけの人を集めるってすごいと思います。プロレスが今、盛り上がってるのは確かですが、そこに目をつけ、それを電車という空間で行うというアイデア勝ちですね。

 

 ラッキーにもローカル線プロレスを観戦することができた50人はせっせと写真を撮ってツイッターやブログに自慢げにアップ(ワタシもその一人)。プロレスブームもあり「日本初」という言葉も手伝って集まってきたマスコミもこぞって試合風景を発信しています。長井市と山形フラワー鉄道の知名度アップにつながったはずです。

 

 競輪場をはじめとする公営競技場も廃止の危機に直面しています。赤湯駅に降り立って次の駅が「かみのやま温泉駅」という表示を見て「ああ、上山競馬場のあったところか…」と思い出しました。もう廃止されて10年以上がたつんですね。今回の旅は楽しいだけじゃなくていろいろ勉強になりました。競輪ももっとアイデアを出していろいろ派手な花火を打ち上げていきたいですね。競輪場で何かあれば今度は取材で行きます。

 







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!